General Comments About Some Toolbox Widgets/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

一部の機能に関する全般的説明

 ここに書かれた説明は重要です‐現像を熟知している人にとっては、当り前な説明もあるでしょうが、中には知らないこともあるはずです。この短い説明を読むだけでRawTherapeeの扱いが簡単になり、編集作業も速くなるでしょう。


 プレビュー画面の右パネルに、画像編集に使うRawTherapeeの全機能が収めてあります。これらの機能を使って色々なことが出来ますが、恐らく貴方の想像以上に多くの機能が含まれているでしょう。ですから、新しいバージョンのRawTherapeeに乗り換えた人、或いは初めてRawTherapeeを使う人は、驚くかもしれませんが、満足のいく結果を得るために全ての調整機能を使わなければならない、という訳ではありませんのでご心配なく。ここからは、タブ毎に備わっている機能を簡単に説明していきます。

パネル

 パネルはボタンや機能、ヒストグラムなどを含んだ開閉可能な構成要素のことです。編集タブにはメインパネルが3つあります:左側にあるパネルには、履歴表示が含まれています。右側のパネルには様々な編集機能が収められています。貴方が“シングル編集タブモード”(デフォルト設定)を使っている場合は、中央上部に画像スライドが含まれます。画像スライドは小矢印ボタンやキーボードショートカットを使って非表示にして、編集画像の表示スペースを広くすることが出来ます。

 パネルの位置を上下させるのにマウスのスクロールホイールを使っても、誤ってスライダーなどの設定値が動いてしまうことはありません。RawTherapeeでは、スライダーやドロップダウンメニュー(コンボボックスと呼ばれる)を調節する場合は、Shiftキーを押しながらスクロールホイールを使わなければならないようになっているからです。

機能

 RawTherapeeは多くの機能を備えていて、各機能は一つ以上の調節機能や仕組みを持ち、それらを有効にする、動かす、押す、スライドさせるなどして画像に作用させます。機能は、露光補正、ディテール、カラー、ウェーブレット、変形、raw、メタデータに分類されています。例えば、露光補正タブには、露光に関する機能、露光補正やシャドウ/ハイライトなどの機能が含まれ、カラータブには、ホワイトバランスなどの機能が含まれています。

 数多くの機能があるので、スクリーンの縦スペースは貴重です。目的の機能を見るために、他の機能を非表示しておきたいと思うこともあるでしょう。RawTherapeeでは簡単にそれが出来るよう工夫してあります。機能名上でマウスを右クリックすると、その機能以外、タブの中の他の機能は非表示になります。様々な機能を手動で開いたり、閉じたりするより遥かに使い勝手が良いと思います。

スライダー

 各スライダーが記録する値は3種類あります:

  • 現在値:スライダーを他の位置に移動させた時の値
  • デフォルト値:RawTherapeeのプログラマーがデフォルトとして設定した値で、スライダーに付随する‘リセット’ボタンを押すと、この値に戻ります。
  • イニシャル値:画像が編集画面に読み込まれる際に、処理プロファイルが記録している値です。Ctrlキーを押しながら‘リセット’ボタンを押すと、この値に戻ります。

 前述にあるように、マウスのスクロールホイールを使ってスライダーやコンボボックの中を移動する時は、Shiftキーを押しながら行います。そうでないと、スライダーが動く代わりに、機能パネルが上下してしまいます。

カーブエディター

 RawTherapeeには3種類のカーブがあります-しきい値カーブ、トーンカーブ、そしてフラットカーブです。以下、各カーブについて全般的な説明をします。

しきい値カーブ

 一見、珍しい形に見えますが(直線だけで構成されているので、カーブ、と呼ぶと違和感があるかもしれませんが)、しきい値カーブの使い方は至ってシンプルです。このカーブは、RawTherapeeに画像のどの部分のトーン(或いは、色相や彩度)で調整を行いたいのか、指示するものです。

 ディテールタブの“シャープ化”の中にあるアンシャープマスクのしきい値カーブを例に取りましょう。
アンシャープマスクのしきい値カーブ
今このカーブが示しているのは、画像の非常に暗い部分(左側の鋭角に立っているスロープ)では、シャープ化効果が直ぐ見えるようにし、その状態を中間トーン(左から中央にかけての水平線)まで維持するが、その後のハイライト部分では徐々に(中央から右への緩やかなスロープ)シャープ化効果の見え方を弱める、という指示です。三角形の調整ポイントをドラッグすると、左、或いは右のスロープ全体が動きます。スロープ全体ではなく、調整ポイントだけを動かす場合は、Shiftキーを押しながら行います。

 右上部のリセットボタンをクリックすると、設定値がデフォルトに戻ります。

 注意:RawTherapeeのカーブ機能はリセットボタンを押す行為も、カーブの調整と見なします。そのためカーブ調整後に誤ってリセットボタンを押してしまうと、リセット前の同じ形のカーブに戻せません(Ctrl+Zは、“履歴”を一つ戻してくれますが、カーブの調整には働きません)。調整をやり直すしかありません。このことは、トーンカーブやフラットカーブに関しても同じです。

 このしきい値カーブは、ディテールレベルのコントラスト自然な彩度でも使われています。


トーンカーブとフラットカーブに関する全般的説明

 トーンカーブとフラットカーブは、しきい値カーブより画像への影響が強く、しきい値カーブにはない機能も持っています。

 トーンカーブとフラットカーブには、カーブの種類を選択するボタンが付いています。‘トグル’と呼ばれるボタンで、例えば、クリックした後に、押し続けるか、離したままという動作で使います。選択された種類やその状態が維持され、再びボタンを押すと、その種類や状態が解除されます。トグルのON/OFFにより、そのカーブの表示/非表示と変わります。色々なカーブを同時に調整している際は、このON/OFF機能は作業スペースを効率的に使うのに便利でしょう(例、Lab調整には多数のカーブあるので)。

 右側のリセットボタンを押すと、表示されているカーブだけが初期値に戻ります。

 また、これらカーブには以下で説明するピペット機能が備わっています。


ピペット

ピペットが紫色の花の色相を正確に指示してくれるので、HHカーブを使って簡単に赤味を増やすことが出来た例

 RawTherapeeのカーブ機能の殆どに、ピペットボタンEditmodehand.pngが付いています。この機能は、画像の特定の色やトーン、彩度を目標にして調整するのに非常に便利で、調整操作を素早く、簡単に行うことが出来ます。参考画像左の紫の花の色をもっと赤くしたいとしましょう。ピペットがなければ、その部分の色相の正確な角度を知るのは困難なので、目分量で決めることになります。しかし、それでは目標ではない色相が調整される可能性があり、意図とは異なる結果になる恐れがあります。ピペットを使えば、単に紫の花の目標とする部分をクリックするだけで、その色相のポイントが正しく、カーブ上に表示されますので、後は好みに合わせてそのカーブを調整すればいいのです。

 ピペット機能を使う場合は、カーブ毎に機能を有効にしなければなりませんが、単にボタンをクリックするだけです。そして、カーソルをメインプレビューの画像上で動かすと、カーブ画面に直線が現れます(最大4本)。この垂直線が、カーソルが位置する部分のピクセルの色相角を表しています。目標とする調整ポイントをカーブ上に表示させるには、画像の目標においたカーソルを、コントロールキー押しながらクリック(左)すれば、カーブ上にその調整ポイントが表示されます。後は、そのポイントを上下させて調整すればいいだけですが、カーソルをプレビュー画面のその置いたままの調整も可能です。マウスをクリックした状態で上下させると、カーブ画面の調整点がそれに合わせて動きます。ただ、コントロールキーを押したままの状態では、カーソルの動きが遅いので(よって、微妙な調整が可能ですが)、通常の調整ではコントロールボタンから手を放していいでしょう。

 ピペット機能を無効にするには、プレビュー画面上(任意点)でマウスを右クリックするか、ピペットボタンを再度押します。

 調整するカーブの種類を変える前に、現在のカーブのピペットボタンを解除する必要はありません。新しいカーブに移動した時点で、その前のカーブのピペット機能は自動的に解除されます。


カーブの節点 入力値と出力値

 4.2.192以降のバージョンに追加されている機能です。各カーブにこの節点の入出力値を表示する機能があります。例えば、この機能を使って目標とする節点の値を既知のカラーコード表の値に合わせることが出来ます。

 このツールは節点で作用しますが、殆どの場合、この節点の設定にはピペット機能が使われると思われます。例えば、カーブ編集は、最初、節点がありませんので、ピペットボタンを使って節点を作ります。 節点編集ボタンGtk-edit.pngをクリックし、ピペットボタンEditmodehand.pngもクリックします。すると、カーブの下に、“I”(入力値)と“O”(出力値)が表示されます。これらの値はカーブ上でマウスを動かした際のカーソルの位置の入出力値になります。プレビュー画面で動かせば、その地点の値です。既にピペットボタンを有効にしているので、画像の任意点でCtrlを押しながらマウスをクリックすれば、カーブ上にその位置の節点を設定することが出来ます(値が何であれ、例えばLカーブのL値、RawTherapeeが処理として使っているそのピクセルが内包する値ですので、出力値はカーブによって調整されている値となります)。プレビュー画像の任意の点でCtrlを押しながらクリックし、その節点がカーブ上に作られた後に、節点の入出力値を変えるには、その節点を右クリックします。節点が赤い環で囲まれ、入出力値の編集が可能な節点編集モードになります。編集が終わったら、節点以外のカーブの任意の点を右クリックするか、節点編集ボタンをもう一度クリックします。


トーンカーブ

 トーンカーブは少し誤解を招く名称です。トーンの調整だけでなく、彩度や色度、他の属性を調整するカーブもそう呼ばれるからです。しかし名称がどうであれ、目的は入力された画像データ(X軸、水平線)を、出力データに調整する(Y軸、垂直線)ことです。だからと言って、数学に長けている必要はありません。何回か実践すれば直感的に理解できるようになります。

トーンカーブの種類をドロップダウンボックスに表示させたところ

 スクリーンショットで示した露光補正機能にあるカーブを例に取りましょう。グラフの左側半分は画像の暗い部分、右側半分は明るい部分を代表していると考えて下さい。ご覧の様に、カーブの左側が少し持ち上げられています。この結果、画像の暗い部分は入力時に比べ、少し明るくなります。同様に、カーブの右側は下げられていて、これは画像の明るい部分が少し暗くなる効果となります。

 スクリーンショットの中央上部に見えるドロップダウンボックスは、設定するカーブの種類を示しています:

  • リニア:デフォルト状態のカーブで、45度の直線なので入出力データに変化はありません。数学的に言えば、Y=Xです。リニアに設定することは、カーブを初期に戻すことと同等です。
  • カスタム:他の現像ソフトにも見られる、最も一般的なカーブの種類です。カーブの直線上の任意の点でマウスをクリックして、調整ポイントを作り、そのポイントをドラッグすることでカーブの形状を変えます。グラフの右側最上部は、最大輝度で、これを垂直に下げると画像のハイライト部分の明るさが減り、水平に左に動かすと、明るい部分は更に明るさが増します(但し、露出オーバーになるかもしれません)。左側最下部は最低輝度で、垂直に上に動かすと画像のシャドウ部分が明るくなるでしょう。
  • パラメトリック:カーブを直接的に動かすのではなく、スライダーで調整するタイプです。ゾーンセレクター(Parametric curve bar.png)で移動したゾーンを元の位置に戻すには、右クリックを使います。カーブ全体をデフォルトに戻す時は、右上のリセットボタンで行います。
  • コントロールケージ:見た目はカスタムカーブと非常に似ていますが、幾つか異なる点があります。カスタムカーブでは、コントロールポイントの位置は常にカーブの線上になりますが、このカーブではそうなりません。カーブはポイントが移動した方向に引っ張られるものの、ポイントそのものには接しないことが分ると思います。もう1つの違いは、この方法は直線を作ることができることです。カスタムカーブにはそれが出来ません。直線を描くには左下と右上にあるポイントを含め、最低5つのコントロールポイントが必要です。Shiftキーを押しながら、コントロールポイントを直前に形成した線、或いは隣の線の方向にスナップすること(ツールへの‘スナップ’と赤色で表示されます)で簡単に直線を作れます。他のカーブと比較して、多くのユーザーがこのカーブを好んで使っているようです。

フラットカーブ

入力カラーの緑(垂直線)が、出力時に青(水平線)に変わったことを示す例

 RawTherapeeのツールの中にはフラットカーブが多く使われいます:

 一度、使い方を理解すれば非常にシンプルなカーブです。カラータブの中のColour.pngHSVイコライザを例にとって説明します。H(Hue:色相)ボタンの右にあるドロップダウンアイコンDrop-down.pngをクリックし、最大/最少コントロールポイントを選びます。すると画面中央に6個の点がある水平線と、それに交差する色の異なる6本の垂直線が現れます。これら垂直線には、左から右へ、レッド、イエロー、グリーン、シアン、ブルー、マゼンタと色が付いています。一番左の点にカーソル合わせ、上下に少し動かしてみましょう。上に動かすと、画像の中のレッド系の色がグリーン、ブルー、マゼンタと変わり、逆に下げると、ピンク、ブルー、グリーンに変わると主来ます。

 また、点を移動させた時に、新しい水平線(太い)が表れ、移動するにつれ太線の色も変わると思います。このグラフの垂直線は入力時の色を示し、水平線は出力時の色を表しています。

 今度は垂直線で、緑の点以外の所にカーソルを合わせて動かします。点の移動方向は、その初動で決まります(ですから、目標としている結果にするため、初めにカーソルをどの方向に動かすか気を付けて下さい)。点を縦・横方向に同時に動かす場合は、点そのものをクリックしてドラッグします。また、点を一方方向だけに移動するなら、Shiftキーを押しながら点を動かす、‘スナップトゥ’機能を使います。

 カーブ上にある点がニュートラルな地点に(例、中央の線上)あるかどうかは簡単に分ります、何故なら点の色が緑だからです。点が移動してニュートラルな値から外れると、点の色が黒に変わります。
点の色はニュートラルポイントでは緑、調整後は黒になる

 HSVイコライザは水平方向に周回しているので、一番右にある垂直線は一番左にある垂直線と同じものです。一番左の赤の垂直線を少しだけ左に動かすと、右に同じ赤い垂直線が現れます。Shiftキーを押しながら点を動かすと、周回しませんので、誤って調整点が画面の反対側に現れて見難くなることが防げます。

 調整点を消去する場合は、その点をカーブ画面の外まで動かします。また、点を増やす場合は、カーブの何れかの部分にカーソルを持って行きクリックします。点の上にカーソルを置くと、黄色と青色の四角い指示点が現れます。例えば黄色の指示点にカーソルを持ってくると、四角が左を示す矢印に変わり、カーブの形状を左寄りに変えることが出来ます。青色の四角はその反対です。

 このツールがどの様に機能しているのか実感するために、2つの色を(例えば、レッドとイエロー)残して、他の色を取り去り、いろいろ動かしてみて下さい。そしてカーブの変化に合わせて画像がどう変わるか見て下さい。

 HVSイコライザをリニアの状態(変更なしの状態)に戻すには、V(Value:明度)ボタンの右側にあるリセットのアイコンGtk-undo-ltr.pngをクリックします。カーブの調整前後の画像を比較する場合は、ドロップダウンメニュー隣の▼で、カーブの種類、リニアと最大/最少コントロールポイントを変えるか、画面左の履歴リストを使います。

 ディスクの形をしたアイコンをクリックすれば、カーブを保存できますが、一回に保存できるのは、パネルに表示されているカーブ(H、S、或いはV)の何れか1つだけです。3つ同時に保存は出来ません。従って、保存の際に‘私のHSV’のような名前は付けないようにするべきでしょう。これでは3種類の中のどのカーブを保存したのか、後になって分らないからです。‘私のH’というような名前にした方がいいでしょう。拡張子は、RawTherapeeが自動的に“.rtc”を付加します。

プレビューエリアの制限

 プレビュー画面では、画像の調整結果を可能な限り現実的に表示するよう設計されていますが、それでもやはり質とスピードのバランスは考慮しなければなりません。それ故、幾つかの機能に 関しては、画像の大きさが1:1(100%)以上になっている時だけ、演算を行い、プレビュー画面に表示するようにしてあります。それらツールのタイトルバーの右端には“1:1”という100%表示を示すZoom-100-identifier.pngアイコンが付いています。