Keyboard Shortcuts/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

キーボードショートカット

参考:標準的な米国のNoAlt QWERTYキーボードレイアウト(英語)

 注意として、ショートカットの中の幾つか、特に^ Ctrl+ Shiftのように1個以上の調整キーを使うもの、は非QWERTY形式キーボードでは機能しないことが知られています。でもこれはRawTherapeeがどうすることも出来ない問題です。



クロスプラットフォームのショートカット
画面の種類 ショートカット 作用
画面共通 ^ Ctrl + F2 ファイルブラウザタブに移動
画面共通 ^ Ctrl + F3 バッチ処理キューに移動
画面共通 ^ Ctrl + F4 編集画面に移動
画面共通 ^ Ctrl + c 、或いは ^ Ctrl + Insert 処理プロファイルをコピー
画面共通 ^ Ctrl + v、 或いは  Shift + Insert 処理プロファイルを貼り付け
画面共通 ^ Ctrl + Shift + v 処理プロファイルの一部を貼り付け(処理プロファイルセレクターのモードに注意!)
編集画面、及びファイルブラウザ Alt + e 露光タブに移動
編集画面、及びファイルブラウザ Alt + d ディテールタブに移動
編集画面、及びファイルブラウザ Alt + c カラータブに移動
編集画面、及びファイルブラウザ Alt + t 変形タブに移動
編集画面、及びファイルブラウザ Alt + r Rawタブに移動
編集画面 Alt + m メタデータタブに移動
画面共通 F11 フルスクリーン表示に切り替える
画面共通 ^ Ctrl + q プログラムを終了する
編集画面 z 画像を100%に拡大
編集画面 + 、或いは = 画像を拡大
編集画面 - 、或いは _ 画像を縮小
編集画面 8 画像プレビューの背景色をテーマ色に変える
編集画面 9 画像プレビューの背景色を黒に変える
編集画面 0 画像プレビューの背景色を白に変える
編集画面 < 白飛びの表示/非表示
編集画面 > 黒潰れの表示/非表示
編集画面 Shift + b 補正前/補正後の切り替え
編集画面 c 切り抜きツール。切り抜いた画像を Shift+左クリック-ドラッグすると切り抜いた画像全体が移動
編集画面  ^ Ctrl + e 現在画像を外部エディターで編集
編集画面 ^ Ctrl + s 現在の画像を保存
画面を保存 ^ Ctrl + Enter 保存を実行
編集画面 ^ Ctrl + Shift + s 現在の処理プロファイルを保存

画像を閉じる、或いはRawTherapeeを終了する度に保存は行われるが、クラッシュによる編集履歴の損失を避けるために、編集中に強制的に実行することも出来る

編集画面 ^ Ctrl + z 元に戻す
編集画面 ^ Ctrl + Shift + z 繰り返す
編集画面 f スクリーンサイズに合わせる
編集画面 h 手のひら/十字ツール(標準);拡大画像を移動、或いは部分拡大のフレームを移動させる
編集画面 i Exif情報のオーバーレイ表示/非表示切り替え
編集画面 プレビュー領域でマウスを右クリック カーソルの形状を初期設定に戻す(ホワイトバランスのスポイト型カーソルや直線を引くツールのカーソル)。RGBインジケーターバーが有効の場合は、そのインジケーターを凍結/解除する。
編集画面 s 直線を選ぶ(回転機能)
編集画面 Alt + s スナップショットを追加
編集画面 Shift + 切り抜き画像をドラッグ 切り抜き画像を移動
編集画面 w スポットホワイトバランスのスポイトを表示
編集画面 r Preview mode 2 red.png プレビューモード をレッドにする
編集画面 g Preview mode 3 green.png プレビューモードをグリーンにする
編集画面 b Preview mode 4 blue.png プレビューモードをブルーにする
編集画面 v Preview mode 5 luminance.png プレビューモードを輝度にする
編集画面 Shift + f Preview mode 6 focus.png プレビューモードをフォーカスマスクにする
編集画面 [ 開いている画像を左に回転
編集画面 ] 開いている画像を右に回転
編集画面 - プレビューを小さくする
編集画面 + プレビューを大きくする
ファイルブラウザ [ 選んだサムネイル画像を左に回転
ファイルブラウザ ] 選んだサムネイル画像を右に回転
画像スライド (SETM) Alt + [ 選んだサムネイル画像を左に回転
画像スライド (SETM) Alt + ] 選んだサムネイル画像を右に回転
画像スライド (SETM) Alt + - サムネイルを小さくする
画像スライド (SETM) Alt + + サムネイルを大きくする
ファイルブラウザ - サムネイルを小さくする
ファイルブラウザ + サムネイルを大きくする
ファイルブラウザ i サムネイルの情報を切り替える
 画像スライド (SETM) Alt + i サムネイルの情報を切り替える
編集画面(SETM) F3 ファイルブラウザ/画像スライドで選択されたサムネイルを前のサムネイルにする
編集画面 (SETM) Shift + F3 編集画面に開かれた画像を前の画像にする
編集画面 (SETM) F4 ファイルブラウザ/画像スライドで選択されたサムネイルを次のサムネイルにする
編集画面 (SETM) Shift + F4 編集画面に開かれた画像を次の画像にする
画像スライド (SETM) x 画像スライドと編集画面を同期させ、編集画面に表示されている画像のサムネイルをハイライトし、絞り込み(ランク付け、ラベル、メタデータ)をクリアにする。
画像スライド (SETM) y 画像スライドと編集画面を同期させ、編集画面に表示されている画像のサムネイルをハイライトする。但し、ファイルブラウザ/画像スライドの絞り込み(ランク付け、ラベル、メタデータ)はクリアにしない。(注意:絞り込みされていると表示されている画像のサムネイルは表示されない)
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Esc
  • ブラウザのパスボックスを現在のディレクトリーに戻す
  • 検索ボックスをクリアにする
  • 検索名をフォーカスする
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Shift + Esc
  • ブラウザのパスボックスを現在のディレクトリーに戻す
  • 検索ボックスをクリアしない
  • 検索名をフォーカスしない
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) ^ Ctrl + o ブラウザパスにフォーカスを設定、コンテンツを選択

ブラウザパスのショートカット:

  • Enterを押すとリフレッシュ
  • ^ Ctrl+ Enter を押すと再入力
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) ^ Ctrl + f 検索ボックスにフォーカスを設定、コンテンツを選択
  • Enterを押すと、実行する(CSVの入力も可)
  • Escapeを押すとテキストボックスをクリアする
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Shift + 1 から 5 1~5の★で選択したサムネイルにランク付けをする:
  1. Rated.png
  2. Rated.pngRated.png
  3. Rated.pngRated.pngRated.png
  4. Rated.pngRated.pngRated.pngRated.png
  5. Rated.pngRated.pngRated.pngRated.pngRated.png
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Shift + 0 ランク付けを解除
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Shift + ^ Ctrl + 1から 5 選択されたサムネイルに色ラベルを貼る:
  1. Clabel1.png レッド
  2. Clabel2.png イエロー
  3. Clabel3.png グリーン
  4. Clabel4.png ブルー
  5. Clabel5.png パープル
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Shift + ^ Ctrl + 0 色ラベルを外す
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) 0 ランクとは無関係に、画像に関する絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) 1から 5 ランクに基づいて、画像に関する絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) 6 未編集の画像に関する絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) 7 編集済みの画像に関する絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Alt + 0 色ラベルとは無関係に、画像に関する絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Alt + 特定の色ラベルが貼られた画像に関する絞り込みを切り替える

^ Ctrlで、追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Alt + 6 未編集の画像に関して、絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) Alt + 7 編集された画像に関して、絞り込みを切り替える

^ Ctrlで追加的に絞り込みを適用

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) d 全ての絞り込みをクリア:

ランク付け、色ラベル、編集/未編集、保存/未保存、ゴミ箱

ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) F2 ファイル名変更のためにダイアログを呼び出す。複数のサムネイルが選択されると、各々が呼び出される
ファイルブラウザ/画像スライド (SETM) ^ Ctrl + t ゴミ箱の内容を表示(4.2.10以前のバージョンはtだけの操作)
ファイルブラウザと編集画面 L 左パネルの表示/非表示を切り替え
ファイルブラウザと編集画面 Alt + L 右パネルの表示/非表示を切り替え
画像スライド Shit + L 画像スライド の表示/非表示を切り替え
画像スライド t 画像スライドのツールバーの表示/非表示を切り替える。画像スライドのサイズを自動的に変更
画像スライド Shift + t 画像スライドの表示/非表示を切り替える。但し、画像スライドのサイズは自動的に変更しない
編集画面(SETM) ^ Ctrl + Shift + L 左パネルと画像スライドの表示/非表示を切り替え
編集画面(SETM) Alt + Shift + L 右パネルと画像スライドの表示/非表示を切り替え
ファイルブラウザと編集画面 ^ Ctrl + Alt + L 左パネルと右パネルの表示/非表示を切り替え
編集画面 ^ Ctrl + Shift + Alt + L 左パネル、右パネル 、画像スライドの表示/非表示を切り替え
ファイルブラウザと編集画面 m 全てのパネルの表示/非表示を切り替え(プレビュー領域を最大にする)
ファイルブラウザと編集画面 ^ Ctrl + b 現在の画像をバッチ処理キューに加える
ファイルブラウザ 表示されているサムネイル間を移動
ファイルブラウザ Shift + サムネイルの選択範囲を変更
ツールパネル ^ Ctrl + Gtk-undo-ltr.png (スライダーのリセットボタンをクリック) スライダーの値を、編集画面に画像を表示させた時の値に戻す、或いはファイルブラウザでその画像を選択した時の値に戻す
ツールパネル ^ Ctrl + カーブの調整点をドラッグ 調整点の動きを鈍くすることで、微調整が行い易い
ツールパネル Shift + カーブの調整点をドラッグ 調整点が代表的なポイントにスナップされる(レッドでハイライト表示される)
ツールパネル 機能名の上でマウスを右クリック クリックされたセクションが展開し、他のセクションが閉じられる
キュー ^ Ctrl + s キュー処理の開始/停止
Windowsだけに使えるショートカット
画面の種類 ショートカット 作用
ファイルブラウザと編集画面 F5 デフォルトビュアーに現像画像を表示(現像済みが前提)。現在のキュー設定で出力ファイルのパスを決定
ファイルブラウザと編集画面 ^ Ctrl + F5 rawディレクトリーでエクスプローラーを開き、現在の画像を選ぶ
ファイルブラウザと編集画面 Shift + F5 バッチキューの出力ディレクトリーでエクスプローラーを開き、現像済みの画像があれば選択する
編集画面 右のAlt 編集タブで作業中(例、露光補正の調整)に押すと、一時的に、シャドウとハイライトのクリッピングインジケーターが有効になる。その間、プレビュー画面が再表示される