Preferences/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

環境設定

 環境設定を開くには、画面の左下、或いは右上にある環境設定ボタンGtk-preferences.pngをクリックします。ボタンの位置はRawTherapeeの編集タブのモードによって決まります。

Contents

RawTherapeeについて

   貴方が使っているビルドの詳細情報を表示します。ここにはバグレポートを書くために必要な情報、開発者や貢献者の情報、RawTherapeeに発行されているGNU一般公衆ライセンスGPLv3の情報が含まれています。

一般タブ

レイアウト

編集画面のレイアウト

 RawTherapeeのユーザーインターフェイスのレイアウトは、使用者の好みやニーズに合ったモードを採用することが出来ます。raw画像を一枚一枚表示させる、或いは複数枚を同時に表示させる、表示モニターを複数台に増やすことが出来ます。以下のモードが用意されています:  

  • シングル編集タブモード
  • シングル編集タブモード 垂直型
  • マルチ編集タブモード
  • マルチ編集タブモード(2台目のモニターを使う場合)

 マルチ編集タブを使う場合は、各画像に対し多くのメモリーが消費されることに注意が必要です。RAM容量の大きなPCでない限り、マルチ編集モードは使わない方がいいでしょう(メモリーがどれだけ消費されるかは、扱う画像の解像度の大きさ、利用する機能、他のアプリの起動状態によって変わります)。

 モードを変える場合は、プログラムの再起動が必要です。

カーブのコピー・貼り付けボタンの位置

 カーブの表示には、コピーや貼り付け、カーブの表示、保存、を行うボタンが含まれます。幾つかのカーブでは表示画像からサンプルデータを取り込み、それを数値表示させるボタンもあります。この環境設定オプションは、これらのボタンをカーブ表示のどこに置くか選択するものです。

 ボタンの位置を変える場合は、プログラムの再起動が必要です。

左側のヒストグラム

 メインヒストグラムの表示を左側の履歴パネルの上にするか、或いは右側の機能パネルの上にするか選択します。

画像スライドにツールバーを表示

4‐画像スライドに絞り込みとランク付けを表示することが可能

 画像スライドに絞り込みやランク付けのツールバーを表示させるオプションです。編集画面で貴重な垂直方向のスペースが少し犠牲になりますが、編集中にそれらを参照することが出来れば便利な場合があります。キーボードショートカットを使い、編集タブで画像スライドにツールバーを表示させることも出来ます。

ファイルブラウザのツールバーを1行で表示

 モニターの解像度が高ければ、ファイルブラウザ上部のツールバーを1行にまとめて表示できます。解像度が低いモニターでこのオプションを有効にすると、アイコンが重なって表示されるので、無効に戻して下さい。

タブをアイコンではなくテキストで表示

 デフォルトではツールバーのタブ(露光量、ディテール、カラーなど)をアイコンでコンパクトに表示していますが、これをテキストに変更することが出来ます。

垂直スクロールバーを非表示にする

 OSがWindowsやmacOSであれば、画面の水平方向のスペースを増やすために機能ボックスから垂直スクロールバーを非表示に出来ます。非表示になってもマウスのスクロールウィールを使えばスクロールは可能です。GTK+の問題があったため、このオプションはLinuxでは使えませんでしたが、現在RawTherapeeはGTK3を使っているので垂直スクロールバーは自動的に非表示になるため、Linuxの不都合も解消されました。従ってこのオプションは必要がないので近い将来なくなるでしょう。

機能パネルの表示・非表示

 幾つかの機能パネルの中身を常に表示しておきたい場合、それらのパネルを表示し、他を非表示にします。次に環境設定を開き、“プログラムの終了前に、機能パネルの開閉状態を自動的に保存する”オプションを無効にして、“機能パネルの今の開閉状態を保存”をクリックし、“OK”を押して環境設定を閉じます。これで変更が完了します。

 別な方法として、編集作業が終了するたび、RawTherapeeに最後の機能パネルの開閉状態を記憶させることも出来ます。そのためには“プログラムの終了前に、機能パネルの開閉状態を自動的に保存する”のオプションを有効にします。


言語

 ユーザーインターフェイスの言語を選択します。 “システムの言語を使う”を有効にすると、環境変数に基づいて自動的に言語を選びます。自動的に選ばれた言語を手動で別な言語に書き換えることも出来ます。

 各翻訳言語のアップデートや新しい言語への翻訳を手伝って頂けるなら、以下のページをお読み下さい。

 https://discuss.pixls.us/t/localization-how-to-translate-rawtherapee-and-rawpedia/2594

 言語を変更する際はプログラムの再起動が必要です。

テーマ

  • ユーザーインターフェイスのテーマを選択します。殆どの項目は、“OK”を押すだけで画面上に反映されますが、RawTherapeeの再起動を必要とする項目も幾つかあります。

 人間の視覚は色を認識する際、様々な要因に影響を受けます。説明の中で特に重要な部分は、観察対象の周囲の状態です。画面に映し出された画像の色のとらえ方は、その画像の周囲の色に影響を受けます。CIECAM02の項目に詳細説明があります。ユーザーが画像の調整でなるべく失敗しないようにするため、RawTherapeeは幾つかニュートラルな背景色を用意しています。どのテーマもグレーを基本にした背景色ですが、人間の視覚が最も影響を受け難いのは、“TooWaGrey ‐ 平均的周囲”で、RawTherapee5.2.1以降のバージョンに備わっています。

画像編集タブの表示例1:(1)プレビューの背景、(2)切り抜きのマスク、(3)カラーピッカー、(4)プレビューの背景色‐白、黒、テーマ色‐を選ぶトグルボタン
画像編集タブの表示例2:(1)ナビゲーターパネル、(2)画像が拡大されている時に、メインプレビューに見えている画像部分の案内表示
  • メインフォントと画像編集タブのカラーピッカー(右スクリーンショットの3で示した部分)のフォントを選択します。

 ユーザーの中には、画面の解像度やDIPの設定が原因で、デフォルトのフォントが小さすぎる、或いは大きすぎると感じる方もいるでしょう。このオプションでフォントサイズが変更できます。

  • “切り抜きマスクカラー 透明度”で、切り抜いた画像の外側部分の色と透明度を調整します(右スクリーンショットの2で示した部分)。色の付いたボタンをクリックすると、新しいウィンドウがポップアップするのでそこで標準色を選ぶか、或いは“+”をクリックして新しい色を指定することも出来ます。縦軸で色相を、横軸で透明度を調整します。透明度は中程度に調整するのが便利でしょう。切り抜いた外側部分がまだ薄っすらと見えるので(スクリーンショットの2)、ベストな切り抜きの位置を確認できます(Shiftキーを押しながら切り抜き画像を動かせます)。
  • “ナビゲーションガイドカラー”は、ナビゲーターパネル(2つ目の右スクリーンショットの1)で表示領域を示す枠の色(2つ目の右スクリーンショットの2)を調節する機能です。

クリッピング領域の表示

 プレビューで(ハイライトWarnhl.png/シャドウWarnsh.png)クリッピング表示が有効にされると、一つのカラーチャンネルでもクリッピングしていれば、その部分を色表示します。色表示の範囲は設定されるクリッピングのしきい値で変わります。しきい値でどの時点から飽和点が近いと見なして、色表示を始めるか設定します。クリッピングの値は、カラーマネジメント機能で出力カラープロファイルに指定されている色域を使った最終画像で計算されています。

パン速度の増幅

 高解像度の画像を開き、それを100%に拡大したとしましょう。いろいろな部分を見るために画像を動かす(これを“パニング”と言います)ためには、マウスを忙しく動かすことになります(そうしないためには、かなり大きなマウスパッドが必要でしょう)。その煩わしさを軽減するために、“パン速度の増幅”という機能をRawTherapeeは持っています。デフォルトでは5に設定されています。これはピクセルの移動速度を5倍に増幅しているということです。マウスの一回の動作で普通500ピセル程度動くので、5という設定は一回の動作で2500ピクセル動いていることになります。

 画像が拡大される程、効果が顕著になるでしょう。

 新しい画像を開いた際に“拡大率%とパン速度を記録する”というオプションが適用できるのは、画面モードが“シングル編集モード”の時と、“プレビューが拡大率100%以下の場合のデモザイクの方式”が“pp3”で設定されている場合だけです。

外部エディター

 RawTherapeeは編集した画像を、編集や閲覧、スクリプト挿入を行う外部プログラムに直接送ることが出来ます。編集タブのメイン画面の下にあるImage-editor.png外部エディターで今の画像を編集″を使います。画像の保存の説明を参考にして下さい。この環境設定の説明では、どの様に外部プログラムに送るのか、その設定説明をします。

Linuxの場合

Rt54 external editor linux geeqie.png

  • GIMP ‐ このオプションは外部エディターの実行を、次の順番で行おうとします:gimp, gimp-remote。これらプログラムは、$PATHという環境変数を使うことでアクセスが可能です。
  • カスタムコマンドライン ‐ 実行可能プログラム自体を含むパスを全て書き込みます。コマンドライン因数を飛ばす必要がある場合、そのコマンドライン全てを二重引用符で囲う必要があるかも知れません。例題を参照して下さい。~の様な変数や$HOMEのような環境変数はサポートされていません。
  • 例:
    • "/usr/bin/geeqie --remote"
    上記のコマンドラインはGeeqieの単一画面で画像を開くコマンドです。“--remote”オプションを飛ばすためコマンドラインを二重引用符で囲わなければなりません。
    • /home/bob/programs/luminance hdr/luminance-hdr
    上記のコマンドラインはLuminance HDRで画像を開くコマンドです。因数やオプションを飛ばさないので、二重引用符で囲う必要はありません。

macOSの場合

Rt54 external editor macos pse.png

  • GIMP ‐ このオプションは外部エディターの実行を、次の順番で行おうとします:

open -a GIMP, open -a GIMP-dev

  • Photoshop ‐ このオプションは、open -a Photoshopに対してハードコードされています。
  • カスタムコマンドライン ‐ open -a "External Program"と入力。External Programは画像を開くための外部エディターの名前です。そのプログラム名に1つ以上のスペースが使われている場合は、名前を二重引用符で囲います。
  • 例:
    • open -a "Adobe Photoshop CS6"
    上記のコマンドラインはAdobe Photoshop CS6で画像を開くコマンドです。プログラム名にスペースが使われているので二重引用符で囲います。
    • open -a "Affinity Photo Trial"
    上記のコマンドラインはAffinity Photoのお試し版で画像を開くコマンドです。上記と同じ理由で名前をダブルクォーテーションで囲います。
    • open -a "/My stuff/Programs/Pixel Mixer"
    上記のコマンドラインは、“My Stuff”というフォルダーの中にある“Pixel Mixer”というプログラムを開く場合のコマンドです。プログラムが/Applications/フォルダーの様な標準フォルダーに付随していなくても、プログラムを呼び出すためにパスを全て書く必要はないという報告があります。

Windowsの場合

Rt54 external editor win pse.png

  • GIMP ‐ RawTherapeeにbinフォルダーの代わりにGIMPの実行プログラムgimp-2.*.exeを含んだフォルダーを指定します。貴方がGIMPの非公式バージョンを使っている場合は、実行プログラムに名前がないことがあるので、その時は代わりにコマンドラインオプションを使う必要があるかもしれません。このオプションは以下のファイルを次のような順番で、gimp-2.0.exeまで実行しようとします。

  gimp-win-remote, gimp-2.12.exe, gimp-2.11.exe, gimp-2.10.exe, ...,

  • Photoshop ‐ RawTherapeeに実行プログラムPhotoshop.exeを含んだフォルダーを指定します。
  • カスタムコマンドライン ‐ 実行プログラムを含むまでのパスを全て書き込みます。スペースやバックスラッシュの回避は気にする必要はありません。%ProgramFiles%のような環境変数はサポートされていません。
  • 例:
    • C:\Program Files\Gimp-2.9\gimp-2.9.exe
    • C:\Program Files\Digital Light & Color\Picture Window Pro 6.0\pw60.exe

画像処理タブ

画像処理のデフォルト値

 RawTherapeeでraw及びraw以外の画像を開く際に使う処理プロファイルを指定します。

 貴方自身で作成した処理プロファイルをリストに表示するためには、それを“config”フォルダーにある“profiles”というサブフォルダーに保存しておく必要があります。詳細がファイルパスの項で説明されています。

 RawTherapee5.4ではrawファイルを開く場合に、“自動でトーンカーブに合わせた低ISOプロファイル”を使うようにデフォルトで設定されています。

 Raw以外のファイル(JPEGやTIFF、或いはPNG)を開く場合に使うデフォルト処理プロファイルは“ニュートラル”がベストでしょう。“ニュートラル”プロファイルは画像をそのまま何の調整も加えずに表示します。

 “(ダイナミック)”という特殊なエントリーを選ぶと、ダイナミック処理プロファイルをサポートする状態になります。 サムネイルを右クリックし、“処理プロファイルの操作→デフォルトにリセット”を選択すると、RawTherapeeは画像形式に合わせて指定しているデフォルトの処理プロファイルを適用します。デフォルトを“(ダイナミック)”に設定していれば、“デフォルトにリセット”を押すと、その処理プロファイルを使った画像を生成します。

カスタム処理プロファイルビルダー

 上記のような新しい初期処理プロファイルが作られた時は、その実行(或いは作業)ファイルが呼び出されます。そのコミュニケーションファイル(*.ini style 別名“Keyfile”)のパスが、コマンドラインパラメータとして追加されます。規則正しく処理プロファイルを作成するため、ここには実行、或いは作業ファイルに関する様々なパラメータが含まれます。

 この設定は、非常に効果的です;例えば、自身のカメラレンズの歪曲収差補正値、画像の性格に基づいたノイズ低減などを設定できるのです。実行・作業ファイルが呼び出されるのは、画像編集の最初、或いはファイルブラウザ画像スライドで、手動によりサムネイルの右クリックで開かれた操作メニューを実行する時です。

 注意:パスでスペースを使う必要がある場合は二重引用符の使い方に気を付けて下さい。 

処理プロファイルの取り扱い

  • 処理プロファイルを保存する場所
    処理プロファイルを入力ファイルに付随して保存するか(デフォルトでの設定)、中央のcacheに保存するか、或いはその両方に保存するか選択します。
    処理プロファイルは入力ファイルに付随して保存する方が便利です。画像のバックアップや扱いがその処理プロファイルと共に簡単に行えるからです。
  • 処理プロファイルを読み込む場所
    RawTherapeeは画像の処理プロファイルをそのパラメータが記録されている同じディレクトリ、そして中央のcacheから探します。プロファイルが双方の場所に存在するが同一のものではない場合、どちらかを優先的に選択する設定をします。

ディレクトリ

 貴方のダークフレームフラットフィールド、及びHaldCLUTフィルムシムレーションフォルダーのある場所を指定します。

切り抜き画像の編集

 このセクションでは編集前の切り抜き画像に表示させるガイドを指定します。“元画像”は選んだガイドのタイプを元画像に表示します。“フレーム”や“なし”を設定すると、例えばガイドのタイプに“三分割”を選べば、切り抜き画像を動かしている時だけ三分割ガイドが表示され、動かし終わると自動的に三分割ガイドが消えます。

 また、チェックボックスのオプションを有効にすると、RawTherapeeは自動的に切り抜いた画像をスクリーンに合うように拡大します。

ダイナミックプロファイルの規定タブ

ダイナミック処理プロファイルを作成するための独自の規定をここで定義します。

ファイルブラウザタブ

起動時の画像ディレクトリー

 起動時にどのディレクトリーを立ち上げるか指定します。RawTherapeeのインストールディレクトリー、直近使われたディレクトリー、ホームディレクトリー、或いは貴方が指定するディレクトリー、を選びます。

ファイルブラウザ/サムネイルのオプション

 サムネイル画像にどの情報を表示するか、どの様に表示するか、を決めるオプションです。

メニューオプション

 ファイルブラウザ(及び、画像スライド)で、右クリックした際に表示されるメニューのグループを指定します。

拡張子

 どの拡張子のファイルを画像ファイルとして認識し、ファイルブラウザに表示するか指定します。デフォルトでは、サポートしている拡張子、全てが有効に設定されています。チェックマークを外せば、無効となります。希望する拡張子が見つからなければ、+ボタンを使って簡単に追加が出来ます。

cacheオプション

 サムネイル画像のアップロード/作成の速度に影響するオプションです。各オプションに説明は必要ないと思いますが。

カラーマネジメントタブ

 ICCプロファイルが保存されているディレクトリのICCファイルをモニターのプロファイルや出力用のプロファイルに使うことが出来ます。

モニター

 モニターのキャリブレーションやプロファイリングを行った場合は、貴方が作成したそのICCプロファイルを“デフォルトのカラープロファイル”に指定します。正確に設定されたICC_PROFILE X11 atom に基づいて、“OSのメインモニターカラープロファイルを使う”というオプションを使い、RawTherapeeに自動的にプロファイルを捜させることも出来ます。但し、モニター1台だけをサポートしますので、複数台のモニターを使用する場合は、常にメインモニターのプロファイルだけが選択されます。

 レンダリングのインテントとブラックポイントの補正は以下で説明します。

 macOSが表示する色は全てsRGB(英語)の色空間です。スクリーンがキャリブレーションされていれば、必要に応じて、macOSの有するカラーで変換してキャリブレーションした色にマッチングさせます。つまり、macOSではモニターのカラープロファイルを選べないということです。色は正しく表示され、それは複数のスクリーンでも可能ですが、それらが色域の広いスクリーンでも(例えば、sRGB以上の彩度を表示できるディスプレイ)、RawTherapeeが表示できる色はsRGBの範囲に限られます。しかし、それは出力には影響しませんので、sRGBの外にある色で画像を作成できます。より詳細な情報が必要な場合は、以下のリンクを参照して下さい。

 https://discuss.pixls.us/t/wide-gamut-preview-in-macos/2481

プリンター(ソフトプルーフィング)

 印刷される画像のカラーレンダリングをまねるために、貴方のプリンターや貴方が使っている印刷サービスのカラープロファイルを選択します。

 以下のブラックポイント補正も参照して下さい。

レンダリングインテント

 レンダリングのインテント (英語)というドロップダウンリストから、色域や色空間における色変換に関し、ICCプロファイルをどのように使用するか選択します。“モニター”に関しては、色の“出発点”は色をモニターの色空間に収める前の処理工程最後の画像データに基づいており、“目標点”は選択されたモニターの色空間となります。“プリンター(ソフトプルーフィング)”に関しては、“出発点”は処理工程最後の画像データに基づき、“目標点”はプリンターの色空間となります。

相対的色域

 出発点の色が目標点の色空間の色域から逸脱している場合、色域内の他の色に影響を与えないレベルで色域内の中で最もそれに近い色で表現します。ホワイトポイントは補正されます。デフォルトではこのインテントが設定されており、どの様なプロファイルでも使えます。

知覚的

 出発点の色が目標点となる色空間の色域から逸脱している場合、目標点の色域を圧縮します。よって色域内の色が影響を受けます。どの様に圧縮されるかは、使うカラープロファイルの色域の分布次第です。普通は彩度が下がりますが、色相が変わることもあります。本来知覚的インテントは色域の分布図が含まれているLUTプロファイルだけにしか使えません。ところが多くのICCプロファイルはこの分布図を持っていません。しかし、そう言った場合でも警告が表示されるわけではありません(ソフトウェアの多くがそうです)。

絶対的

 相対的インテントと似ていますが、ホワイトポイントの補正が行われません。これが理由で、このインテントが使われるのはスクリーンに紙の様な白を表現したい場合です。試験的な用途以外では使わないでしょう。

ブラックポイント補正

 これを有効にすると、色変換の過程で入力画像のブラックポイントレベルが出力画像のそれに代わります(例、作業プロファイルのブラックポイントレベルから表示デバイスのそれに)。出力カラーの限界に合わせるために、輝度チャンネルだけが、圧縮されたり、拡張されたりする、という意味です。つまり、色表現を多少犠牲にして、シャドウ部分の詳細を保つようにします(均一になってしまうのを避けるため)。

バッチ処理タブ

 バッチ処理は、ファイルブラウザが開かれている時に、表示されている複数の画像の編集を同時に行うための環境設定です。だから“ファイルブラウザ”にもツールパネルが表示されているのです。画像編集のツールと見た目は同じですが、ここのツールは複数のファイルを同時に処理するので、“バッチツールパネル”と呼びます。チェックボックスでツールの状態を以下のように分けています:
[ ] 無効
[✓]有効
[-] 選択された画像によってその値が異なる

 画像の同時編集は、Shift、或いはCtrlキーを使って、ファイルブラウザで1枚以上の画像を選び、それら画像を、右に表示されているツールで編集します。編集におけるスライダー値の使われ方は、この“バッチ処理”タブで設定されたオプションによって決まります。

 選択された画像が1枚だけの場合、スライダーが示している値は、その一枚の画像の処理パラメータ値です。これらの値は、デフォルトプロファイルの値か、或いは直近の編集で設定された値です。もし、その画像が編集タブで編集中の場合、その編集で使われている値は、ファイルブラウザの画像にもリアルタイムで反映されています、その逆もまた然りですので、注意して下さい。

 “ファイルブラウザ”で複数枚の画像が選択されている場合は、スライダーの作用は以下に示すモードの選択によって異なります。デフォルトで“追加”モードが有効になっていないツールは、通常、“設定”モードで使われるモードと考えて下さい。

“追加”モード
“相対モード”とも呼べるモードです。“追加”モードでスライダーを動かすと、スライダー値は各画像の既存のスライダー値に加算されます。例えば、Ctrlキーを使って選ばれた2つの画像で、一方の露光量補正が‐0.5で、もう一方のそれが+1.0であったとしましょう。ここで露光量補正のスライダーを0.3上げると、はじめの画像の露光量補正は‐0.2、もう一方の画像のそれは+1.3に変化します。
“リセット”ボタンを押せば、スライダー値はデフォルト(0)に戻り、両画像の露光量補正値も元に戻ります。
“設定”モード
こちらは“絶対”モードとも呼べるモードです。“設定”モードにすると、既存のスライダー値に関係 なく、新たに調整されたスライダーの値がパラメータとして、選択された画像に反映されます。先ほどの例を使えば、スライダーを0.3に上げると、両画像の露光量補正値が0.3になります(全ての画像に対して同じ値)。
“リセット”ボタンを押すと、スライダーはデフォルトの位置(スライダーによって違います)に戻り、各画像のパラメータもリセットされます。
既存の出力プロファイルを上書きする
“既存出力ファイルを上書きする”を有効にすると、RawTherapeeは既存の出力ファイルを上書きするモードになります。チェックが外されていれば上書きはされず、代わりにファイル名に索引番号が付加されます。
例えば、output.jpgという名前の画像ファイルが既に存在する場合、自動的に索引番号が付加されて“output_1.jpg”で保存されます。

パフォーマンスタブ

 “パフォーマンス”タブは上級者向けのタブです。道具の入った箱の蓋を開けて、中の道具に調整を加えるような作業を行います。機能のパラメータに手を加えると、プログラム動作の速度や安定に影響します。

ノイズ低減に関するスレッドの最大値

 RawTherapeeのノイズ低減アルゴリズムは非常に強力ですが、CPUとメモリーに対する負荷もかなり大きくなります。ハードウェアのスペックが低いと、RAMのスペース不足が原因でプログラムが動かなくなることがありますが、パラメータを調整してクラッシュを避けることは可能です。ただ、その分、プログラムの作業時間が長くなります。

 RawTherapeeのノイズ低減機能が想定している基本的なRAM使用量は、10メガピクセルraw画像で128MB、40メガピクセルraw画像であれば512MBで、更にスレッドごとに128MBのRAMを必要とします。より多くのスレッドを同時に処理できれば、演算速度は速まりますが、より多くのメモリーが必要です。

 最近の殆どのCPUは物理的コアごとに2つのスレッドを処理します。CPUが何個のコアを持っているか分れば、それを2倍にした数が、そのCPUが同時に処理できるスレッドの最大値になります。ここでその数をTmaxと呼ぶことにしましょう。これより大きい数のスレッドを同時に処理する設定をしてもメリットはありません‐実際には処理速度が若干落ちると思います。

 パラメータ“0”の設定で、CPUはTmaxの数が何であるか分るようになっています。もし、この設定でプログラムがクラッシュするようであれば、それはRAM不足ということになりますので、Tmaxを独自に算出し、それより小さい数を入力します。

サウンドタブ

 “サウンドタブ”で、作業の終わりを音声で知らせる設定が可能ですが、現在、この設定はOSがWindowsとLinuxの場合だけです。

 “キュー処理終了”の音声は、バッチ処理キューにあった最後の画像の現像処理が終わると流れます。“編集作業の終了”の音声は、設定した編集作業時間が過ぎると流れます。

 音声を消すには、音声オプションを無効にするか、或いは設定画面の参照音声ファイルを空白にします。

 “キュー処理終了”と“編集作業の終了”のテキストボックスには、wave(.wav)ファイルか、以下の中から選んだファイルを指示して下さい:

Windowsの場合:
  • SystemAsterisk
  • SystemDefault
  • SystemExclamation
  • SystemExit
  • SystemHand
  • SystemQuestion
  • SystemStart
  • SystemWelcome
Linuxの場合:
  • bell
  • camera-shutter
  • complete
  • dialog-warning
  • dialog-information
  • message
  • service-login
  • service-logout
  • suspend-error
  • trash-empty
  • 次のような形式であれば、どの様なファイルでも可能 /usr/share/sounds/freedesktop/stereo/

 RawTherapeeは音を出すためにlibcanberraを使います。Linuxでは音声がでないことがある、という問題がありますが、その場合端末から以下のコマンドを入力してみて下さい(“bell”以外の名前を使います)。

 canberra-gtk-play -i bell