The File Browser Tab/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

ファイルブラウザタブ

RawTherapeeのシングル編集タブ‐垂直タブ形式:1‐メインセクション:ファイルブラウザ(図で開かれている画面)、キュー、編集、環境設定。2‐ファイルやフォルダーを選ぶパネル。3‐現在開かれているフォルダー内にある画像のサムネイル。4‐メタデータや条件に合ったサムネイルに絞り込んで表示する。5‐サムネイルの拡大・縮小、画像の情報を表示させる。6‐画像の切り抜き範囲や角度補正、回転などを行う。7‐ファイルブラウザの副サブ、絞り込みタブ(現在開いているタブ)、カメラ出しJPEGタブ(rawファイルに埋め込まれた最大のJPEG画像のプレビューを行う)、バッチ処理(特定の調整を選択した全ての画像に適用)、高速書き出し(画像の質は落ちるが、幾つかの処理を行わないことで、素早く現像処理を行うー通常の現像には使わない)。8‐右クリックにより処理のメニューが表示される(特定の画像処理プロファイルを適用する場合に使われることが多い)。

 ファイルブラウザタブは、貴方の画像を閲覧し、編集する画像を選ぶ、或いは一括編集を実行する画面のことで、以下に説明される部分で構成されています:

  • 左側のパネル
    • 上部の“場所(Places)”は、貴方のホームフォルダーやUSBカードリーダー、システムのデフォルト“画像”フォルダー、カスタムフォルダーとリンクしています。
    • その下に表示されているのは、標準的なツリー形式のファイルで、貴方の画像を収めているフォルダーを指定する時に使います。RawTherapeeには他の一部のソフトに見られるような、“画像は特定のフォルダーに収める”、というような面倒な制約はありません。
  • 右側のパネル
    • “絞り込み”タブは、特定した条件を満たしている画像だけを表示させる機能です。
    • ”カメラ出しJPEG”(Inspect)タブは、raw画像の場合は、埋め込まれている最大のJPEG画像、raw形式以外の画像の場合はその画像の、カーソルが位置する部分を100%(等倍)で表示する機能です。
    • “バッチ処理”タブは、選択した画像(単一、或いは複数)に同じ補正を施す機能です。同じ補正値を一度に任意の数の画像に適用できます。
    • “高速書き出し”タブは、選択した任意の数の画像に対し、特定の機能だけを適用する機能です。たとえその画像の処理プロファイルで他の機能の適用が指示されていても特定の機能だけが適用されるので、ぼけている、ピントが合っていない、などの画像を洗い出して削除するような作業を効率よく行えます。
  • 中央のパネルは選択したフォルダー内にある画像のサムネイルを表示します。

 Panel-to-left.pngPanel-to-right.pngボタン、或いはキーボードショートカットを使って、左右のパネルを“非表示”にすることが出来ます。

 フォルダーを開くと、RawTherapeeは中央のパネルにフォルダー内にある画像のサムネイルを表示します。raw画像が収められたフォルダーを初めて開いた時に、RawTherapeeはそのraw画像に埋め込まれているJPEG形式のサムネイル画像を抽出します(各raw画像にはJPEGサムネイルが埋め込まれており、異なるサイズのサムネイルが複数埋め込まれている場合もあります)。フォルダーのサイズが大きいと(画像の枚数が多い)、これらの表示処理に少し時間がかかることもありますが、それはRawTherapeeの初動時だけです。次回からRawTherapeeはサムネイル画像をcacheから読み込みますので(それらがあれば)、初回に比べはるかに速く表示されます。

 各raw画像に埋め込まれているJPEG形式のサムネイルはカメラがJPEGモード(或いはJPEG+rawで撮影した)で撮影したJPEG画像と同一のものですが、raw画像の見本ではありません。何故ならカメラが既にraw画像に様々な調整(彩度、コントラスト、シャープ化など)を施してしてJPEG画像を生成しているからです。

 画像を開いた時から、ファイルブラウザのrawに埋め込まれていたサムネイル画像は、編集タブのプレビューで見る画像のサムネイルに置き換えられ、貴方が加える調整全てがそのサムネイル画像に反映されるようになります。これらのサムネイル画像はcacheに保存され、その後の編集時に呼び出されます。もし、これらをraw画像に埋め込まれていたJPEG画像に戻したい場合は、そのサムネイル画像(一枚、或いは、Shiftを使って複数枚を選択)を右クリックし、“処理プロファイルの操作→プロファイルのクリア”で戻します。

 ファイルブラウザ上部のズームアイコンを使えば、サムネイル画像を拡大・縮小出来ますが、サムネイルもメモリーを消費するので、あまり大きく設定しないことを奨めます。設定は“環境設定→ファイルブラウザ→サムネイル画像の高さの最大値” で行います。

 ファイルブラウザにあるボタンや、編集タブの“画像スライド”上部のツールバーを使って画像を選別することが出来ます。検索ボックスやフィルタータブを使っても同様のことが出来ます。選別方法は以下の通りです:

  • 未編集の画像だけ表示
  • 露光補正が+2EVの画像だけ表示
  • 星5つランクの画像だけ表示
  • 特定のISOの画像だけ表示
  • 拡張子がNEFの画像だけを表示

一括調整‐同時調整

 RawTherapeeは一括調整、或いは同時調整を使って、多くの写真を同時に処理できます。主に2つの方法があります。処理プロファイル(各機能で行った設定)のコピーや貼り付けを、全て、或いは部分的に任意の数の画像に対して行うことが出来ます。また、同じ機能設定を同時に施すことも2つの方法を使って出来ます。以下で詳細を説明します。    どちらの方法も、貴方が特定の処理プロファイル、或いは調整を適用したい画像を選ぶことから始めます。画像の選択は標準的なキーボードの組み合わせで行えます:Shift+クリックで選択範囲を決めます、Ctrl+クリックで特定の画像を指定します、或いはCtrl+Aで全ての画像を選択します。どちらの方法もファイルブラウザタブの中で行います。但し、“コピーと貼り付け”は画像スライドでも行えます。

コピーと貼り付け

 選択した画像の処理プロファイルをコピーして、他の画像に貼り付けるのはごく一般的な操作です。例えば、スタジオ撮影や、結婚式での人物写真、焦点を変えて撮影したマクロ写真など、一連の写真を撮ったとしましょう。おそらくこれらの写真撮影には、同じレンズ、同じようなISO値、ホワイトバランスが使われているでしょう。だとすれば、それらの画像編集でも似たような設定、例えば同じノイズ低減、シャープネス、レンズ補正などが使えるでしょう。

 これらの写真をロットで処理するためには、まず一連の画像の中から一枚を選び、画像編集タブで自分の好みに編集します。編集を終えたら、その処理プロファイルを他の写真全てに適用します。そのためにはファイルブラウザタブに移動し、編集を終えた画像のサムネイルを右クリックして、“プロファイルをコピーする”を選択します。それから、このプロファイルを適用したい任意の数の画像を選択し、そのうちのどれか一枚を右クリックし、今度は“プロファイルの貼り付け”を選択します。この操作により、一連の画像に同じ機能設定を施すことが出来ます。更に、RawTherapeeでは処理プロファイルの一部分だけ、例えば“リサイズ”の設定だけを適用させることも出来ます。その場合は、“プロファイルの貼り付け‐一部”を選択します。

同時調整

 RawTherapeeでは、選択した任意の数の画像に簡単に機能調整を施せます。他のソフトウェアで“同時調整”と呼ばれる機能に似ています。この編集方法は、調整結果の詳細を見なくともよい場合に使うと便利です。例えば選択した画像に“リサイズ”を適用したい時、フィルブラウザタブの画像は精度の低い小さなサムネイル画像なのでその詳細を見極める必要がないでしょう。この編集方法が使えるのは、バッチ機能(画面右)が備わっているファイルブラウザの中だけです。

 ファイルブラウザタブの中で、バッチ処理‐同時を行いたい画像を選択し、画面右にある機能パネルを使って調整を行います。機能の調整には、新しい設定値に置き換える“セット”モードと、設定値を加算する“追加”モードがあります。例えば、2枚の画像が選択され、内一枚は以前に+1EVの露光量補正が施されていて、もう一枚はそれが施されていないとします。ここでこの2枚の画像に対し、新たに+0.6EVの調整を行うと、“追加”モードの場合は、最初の画像の露光量補正が+1.6EVとなり、2枚目の画像のそれは+0.6EVとなります。“セット”モードの場合は、どちらの露光量補正も+0.6EVとなります。どちらのモードを選ぶかは、環境設定のバッチ処理タブで行います。

ファイルの削除

 RawTherapeeはクロスプラットホームプログラムなので、独自にゴミ箱を持っています。貴方のPCのシステムからは独立しています。

ゴミ箱の使い方

 ゴミ箱にファイルを移動するには、各サムネイルの右上に表示されている“ゴミ箱に移動”Trash.pngを使うか、移動したいファイルを選んでマウスを右クリックし、操作の中から“ゴミ箱へ移動”を選びます。これで目標とするファイルはゴミ箱へ移動します。但し、まだハードドライブから削除されたわけではありません。従って以下の様なふるい分けが可能となります。

  1. 上に表示されているツールバーの“ゴミ箱に移動していない画像だけを表示”Trash-hide-deleted.pngをクリックすると、削除マークが付いている画像は表示されません。
  2. ゴミ箱の中にどの様な画像があるか確認する場合は、“ゴミ箱の中身を表示”Trash-show-full.pngをクリックします。
  3. ゴミ箱の中身を確認している際にサムネイルの左側に表示されるTrash.pngはゴミ箱の中身を完全に削除するという意味になります。クリックすると画像が完全にハードドライブから削除されます。
  4. “絞り込みをクリアーにする”Filterclear.png をクリックするとデフォルト画面に戻ります。

ハードドライブからの削除

 ゴミ箱を経由せずに画像ファイルを削除する場合は、選択した画像(単一、或いは複数)を右クリックし、“ファイル操作”で“ファイルシステムから削除”或いは“ファイルシステムとバッチ処理の出力から削除”を選びます。どちらの方法でも、選択した画像及びその処理プロファイルがハードドライブから削除されます。但し、後者で削除すると、キュータブの中の“テンプレートを使う”で指定した名前と一致している保存画像も削除されます。