The File Browser Tab/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

ファイルブラウザタブ

ファイルブラウザタブ

 ファイルブラウザタブは、貴方の画像を閲覧し、編集する画像を選ぶ、或いは一括編集を実行する画面のことで、以下に説明される部分で構成されています:

  • 左側のパネル
    • 上部の“場所(Places)”は、貴方のホームフォルダーやUSBカードリーダー、システムのデフォルト“画像”フォルダー、カスタムフォルダーとリンクしています。
    • その下に表示されているのは、標準的なツリー形式のファイルで、貴方の画像を収めているフォルダーを指定する時に使います。RawTherapeeには他の一部のソフトに見られるような、“画像は特定のフォルダーに収める”、というような面倒な制約はありません。
  • 右側のパネル
    • “現像(Develop)”タブでは、各画像にRawTherapeeの機能を適用したり、選択した画像に一括して特定の機能を適用したりします。
    • “絞り込み(Filter)”タブでは、貴方が特定した条件にマッチする画像だけ表示させる設定が行えます。
    • “書き出し(Fast Export)”タブでは、選択した画像の現像処理を、一定の機能を適用させないことで(たとえそれが処理プロファイルに記録されていても)、迅速に行うことが出来ます。例えば、撮影した画像の中から、まずピンボケやブレのある画像を見極めて、予め削除するような作業に効率的に使えます。
  • 中央のパネルは選択したフォルダー内にある画像のサムネイルを表示します。

 Panel-to-left.pngPanel-to-right.pngボタン、或いはキーボードショートカットを使って、左右のパネルを“非表示”にすることが出来ます。

 画面左で選択したフォルダーを開くと、RawTherapeeはフォルダーに入っている画像のサムネイルを画面中央に表示します。raw画像が収められたフォルダーを初めて開いた時に、RawTherapeeはそのraw画像に埋め込まれているJPEG形式のサムネイル画像を抽出します(各raw画像にはJPEGサムネイルが埋め込まれており、異なるサイズのサムネイルが複数埋め込まれている場合もあります)。フォルダーのサイズが大きいと(画像の枚数が多い)、これらの表示処理に少し時間がかかることもありますが、それはRawTherapeeの初動時だけです。次回からRawTherapeeはサムネイル画像をcacheから読み込みますので(それらがあれば)、初回に比べはるかに速く表示されます。

 各raw画像に埋め込まれているJPEGサムネイルはJPEGモードで撮影したカメラの画像と(或いはJPEGとrawの両方で同時撮影した時のJPEG画像)同一のものですが、raw画像の見本ではありません。何故ならカメラも最適なJPEG画像を生成するために、raw画像に様々な調整(彩度、コントラスト、シャープ化など)を既に施してしまっているからです。

 画像を開いた時から、ファイルブラウザのrawに埋め込まれていたサムネイル画像は、編集タブのプレビューで見る画像のサムネイルに置き換えられ、貴方が加える調整全てがそのサムネイル画像に反映されるようになります。これらのサムネイル画像はcacheに保存され、その後の編集時に呼び出されます。もし、これらをraw画像に埋め込まれていたJPEG画像に戻したい場合は、そのサムネイル画像(一枚、或いは、Shiftを使って複数枚を選択)を右クリックし、“処理プロファイルの操作→プロファイルのクリア”で戻します。

 ファイルブラウザ上部のズームアイコンを使えば、サムネイル画像を拡大・縮小出来ますが、サムネイルもメモリーを消費するので、あまり大きく設定しないことを奨めます。設定は“環境設定→ファイルブラウザ→サムネイル画像の高さの最大値” で行います。

 ファイルブラウザにあるボタンや、編集タブの“画像スライド”上部のツールバーを使って画像を選別することが出来ます。検索ボックスやフィルタータブを使っても同様のことが出来ます。選別方法は以下の通りです:

  • 未編集の画像だけ表示
  • 露光補正が+2EVの画像だけ表示
  • 星5つランクの画像だけ表示
  • 特定のISOの画像だけ表示
  • 拡張子がNEFの画像だけを表示

 一括処理を実行するためは、画像を選択し(Shift+クリック、Ctrl+クリック、或いはCtrl+Altで全画像、という標準的なキー操作で)、右のパネルで適用する機能を調整するだけです。調整には、現在の設定値を新しい設定値に置き換える“設定モード”と、現在の設定値に新たな調整値を加算する“追加モード”があります。詳しくは、環境設定のバッチ処理タブの説明を参照して下さい。例えば、貴方が2枚の画像を選択し、一方の画像には前回+1EVの露光量補正が施され、もう一方の画像は何もされなかったとしましょう。ここで、+0.6EVの一括調整を行なうと、“追加”モードであれば、初めの画像の露光量補正は+1.6EVに変わり、“設定”モードであれば+0.6EVで変わりません。露光量補正をしなかった後の方の画像は、どちらのモードでも+0.6EVに変わります。