Film Negative/jp

ネガフィルム

1 イントロダクション

 ネガとは明度と色相が逆転した画像のことで、フィルムカメラで生成されるような画像です。RawTherapeeはバージョン5.7から簡単にネガのraw画像を現像できるネガフィルム機能を設けました。

 但し、このツールがサポートしているのは、ベイヤー配列、或いはX-トランスセンサーのカメラで撮影されたネガのraw画像だけです。サポートされていないraw形式の画像にも使えません。

 ネガ画像の各色チャンネルの値は、撮影当初の露出に対応する色チャンネル値の逆数の累乗に比例しています(詳しくは、Photographic Film - Basicsを参照して下さい)。 フィルムの種類や経年劣化、撮影状況など他の要因次第で、各色チャンネルの値は異なる指数で累乗されます。これら指数を各フィルムの特性に応じて、より良い補正処理を行えるように指定します。手動による調整を単純化するため、これら3つの色チャンネル、R、G、Bの指数は、1つを“参考”指数(グリーンチャンネルに適用)として指定し、残りの2つ(レッドとブルーチャンネル)はこの参考指数との比率にします。ColorPlus 200やGold 200の様な、Kodak©の一般的なネガフィルムの映りならデフォルト設定で適度な結果を得ることが出来るでしょう。

2 利用

  1. ネガのraw画像を開きます。
  2. Rawタブのネガフィルム機能を有効にします。
  3. 自動でより正確にレッドの比率とブルーの比率を設定するオプションがあります。そのためには、“ニュートラルスポットをピック”のボタンをクリックし、画像の中のニュートラルな明るさのスポットと暗いスポットの2か所をクリックします。
    • これらスポットを、元々の撮影シーンで色の偏りがないニュートラルな色相部分から選びます。但し、撮影したネガフィルムでは、ホワイトバランスを補正するまで、それらスポットがニュートラルには見えないかも知れないことを覚えておいて下さい。
    • それら2か所を異なる明るさの中から選びます。その際、色や輝度が飽和している部分は避けます。
    スポットの選択が必要なのは一本のネガフィルムで一回だけです。そのネガフィルムの他の画像に対しては、初めにスポットを選択した画像の処理プロファイルをコピーし貼り付けるだけです。
  4. 画像のホワイトバランスを補正します。画像の中で色相がニュートラルな個所で補正を行うのが最も簡単です。
     ニュートラルスポットをピックすると、ホワイトバランス機能が作用するより前に、ツールチェーンパイプラインの中のrawの値が変わります。従って、それらスポットを選んでからホワイトバランスの補正を行うことを奨めます。スポットを選ぶ前にホワイトバランスを調整しても構いませんが、その場合後になって再びホワイトバランスの補正が必要になるかもしれません。

 ネガ画像の編集の編集に限って言えば、通常の”ポジティブ”raw”画像の編集と同じです。

3 インターフェイス

3.1 参考指数 (コントラスト)

 グリーンチャンネルに参考指数が適用され、レッドとブルーチャンネルには参考指数に対する比率に応じた指数が適用されます。この値を変えると画像の色を変えることなしに全般的に画像のコントラストが変わります。平均的なコントラストを持つネガ画像であればデフォルトの値で十分です。ぼんやりした画像、或いは誤った露出で撮影された画像の場合は、この値を上げる必要があるでしょう。逆にコントラストの強いネガ画像であれば、ポジティブに変換した際に色が飽和してしまうので、値を下げる必要があるでしょう。

3.2 レッドの比率

 参考指数に対するレッドチャンネル指数の比率のことです。この係数はグリーンチャンネルのトランスファーカーブに対し、レッドチャンネルのトランスファーカーブをどの様に“曲げる”か、を意味します。この値を動かすと全般的な画像のコントラストはそのままに色合いが変わります。

3.3 ブルーの比率

 考指数に対するレッドチャンネル指数の比率のことです。この係数はグリーンチャンネルのトランスファーカーブに対し、レッドチャンネルのトランスファーカーブをどの様に“曲げる”か、を意味します。この値を動かすと全般的な画像のコントラストはそのままに色合いが変わります。