Default/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

デフォルト

 過去に編集したraw画像を開くと、貴方がその時に設定した露光補正やシャープ化、切抜きなどの調整値を、RawTherapeeがその画像の処理プロファイルから読み込んで画像に反映させます。しかし、そのraw画像が初めて開かれる場合には、RawTherapeeは‘デフォルトプロファイル’を読み込みます(但し、貴方が“環境設定→画像処理→画像処理のデフォルト値”でraw画像に対するデフォルトプロファイルの適用を変更していない場合に限ります)。このデフォルトプロファイルは画像に多少の調整を施す程度の中立な設定ですが、ある程度整った画像が生成されると思いますので、後は貴方の好みに応じて追加調整を行います。このデフォルトプロファイルで指示されている調整は、色や明るさ、露出を適度に調整する自動露光補正、ある程度のシャープ化、raw画像に対する色収差補正前処理機能によるホット/バッドピクセルの自動補正です。ですから、その画像はカメラから抽出されたJPEG画像(或いは、raw画像に埋め込まれたサムネイル画像)とは映りが違います。

 raw形式以外の画像(JPEGやTIFF、PNG)が開かれた場合、RawTherapeeはデフォルトではなく、“ニュートラルプロファイル”を使います(上記同様、貴方が環境設定で設定を変更していない限りです)。この処理プロファイルは開かれた画像に対し、何も調整しないので、ニュートラルと呼びます。

 正常にRawTherapeeがダウンロードされれば、初めて画像を開く時は、raw画像に対しては“デフォルト”、raw以外の形式の画像に対しては、“ニュートラル”のプロファイルが適用されるように設定されています。貴方にとってこの設定では都合が悪ければ、“環境設定→画像処理タブ→画像処理のデフォルト値”で変更できます。既述の“共通に使う処理プロファイルを作る”の説明がカスタムプロファイル作りの参考になると思います。