How to create DCP color profiles/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

DCPカラープロファイルの作り方

DCPプロファイルとは?何故必要なのか?

 技術的に言うと、デジタルカメラのイメージセンサーのフォトサイト(格子のように並んでいる部分)は、そこに当たったフォトンに応じて一定の電流を出力します。この電流は数値に変換されます。そして、幾つかのメタデータと共に、これらの数値が、rawファイルに保持されます。この時点では、まだ色の観念が無く、rawデータは画像とは似ても似つかないものです。普通の写真として使えるようにするためには、この画像データを“現像”しなければなりません。その現像処理のステップの1つが、先程の数値を正確な色に解釈する作業で、特定の色と数値を付け合わせるための輪郭図、つまり、そのカメラのプロファイルが必要なのです。

 現実的には、正確な色の再現にはカラープロファイルの使用が不可欠で、その方法としてDCP(この場合のDCPは“DNG Camera Profile”の略語で、同じ略語であるDigital Cinema Packageとは何の関係もありません)を使うことが最善なのです。RawTherapeeはD65の色温度で作成されたプロファイル(Adobeやdcrawに由来するもの、私達で作成したもの、或いは貴方や他のユーザーに由来するもの)を提供しており、これらのプロファイルが貴方の開いたrawファイルの現像のベースになっています。色の正確性を極めるために、特定の光環境に合わせたユーザー独自のDCPプロファイルを作ることも可能です。例えば、貴方が結婚式の撮影をするとしましょう。正確で首尾一貫した色が必要ですが、外の光と建物の中の光のスペクトラムは全く異なるものです。更に同じ建物の中でも部屋によって光が違うでしょう。一般家庭で使われる電球と、結婚式会場の部屋の電球はその色温度やスペクトラムが異なりますし、会場の部屋には沢山の電球が設置されているでしょう。貴方が、X-Rite ColorChecker Passport24のような、カラーキャリブレーションチャートを持っていれば、写真を撮る同じ位置から、このチャートの写真を一枚撮ります。光環境ごとにその写真を撮ります(一般的には撮影する部屋ごとに一枚と、外で一枚です)。これらの画像を使ってDCPプロファイルを作成し、それをRawTherapeeの現像に使うことで、正確で首尾一貫した色とホワイトバランスの取れた画像を作ることが出来るのです。

 更に詳しい情報:

カラーチャートを撮影する

デジタルカメラのプロファイルを作るための業界標準X-Rite ColorChecker Passport 24のパッチチャート

以下の説明は、X-Rite ColorChecker Passport 24のパッチチャートが使用されることを前提にしています。

 ここで説明するチャート撮影には2つのケースがあります:

  1. 貴方が持っているカメラの、正確なD65DCPプロファイルを作り、誰もが使えるようにRawTherapeeにご提供頂けるケース
  2. D65以外の光環境で撮影した、自分用のプロファイルを作るケース

 ケース1の場合、多くの人がそれを使うので、必要条件を満たしたプロファイルを作るために特段の注意が必要となります。ケース2の場合は、特定の光環境下で使うご自身のためのプロファイルなので、細かい条件はありません。

RawTherapeeに提供するケースのカラーチャート撮影:
  • 上記のリンクの張られた記事は全てお読み下さい
  • 快晴の日を待ちます。スペクトラムの中の色がずれることないよう、太陽が高く上がる(昼間)のを待ちます。
  • 光を反射する可能性のある物が周りにないような場所を選びます。自宅のバルコニーなどは良くない場所です‐壁が光を反射するのでスペクトラムにマイナスの影響があります、たとえ貴方の目に見えなくても。公園も良くありません。車のない広い駐車場などが適した場所です。光を反射するような壁、木々がありません。
  • つまり、クリヤーな太陽光以外無い場所です。フラッシュの使用は意味がありません。太陽光とは全く異なるからです。
  • カラーチャートを少しだけ上向きに傾け、空に向かうような格好に置きます。太陽光がチャートに均一に当たり、地面からの反射を受けないようにします。
  • フィルターは全てレンズから外します。
  • 絞りをf/8(レンズの効率が一番良い絞り値を選ぶ‐一般的にf/8)にセットします。つまり、周辺光量の歪みを最小限に抑えます。
  • rawで撮影します。多重露光機能がある場合はそれをオフにして撮ります。ブラケット機能はかまいません。兎に角、rawファイルに影響する機能は全てオフにします。
  • 均一な露光を得るため、フレームの1/3程度を占めるくらいの大きさで、中央にカラーチャートを収めます。そこが光学的に ベストで、周辺光量の歪みも最小です。
  • RawTherapee Google Code ページ(英語)で、新規作成を開き、そのDCPプロファイルをアップロード、raw画像をwww.file.bin.netにアップロードし、私達のGoogle Code issueにリンクします。また、貴方の所在場所(国、都市名、或いは経度・緯度)を教えて下さい。それによって、光の質を推測します。
自分用に特定の光環境の中でカラーチャートを撮る
  • 上記と同じく、カラーチャートをフレームの1/3程度の大きさで撮ります。但し、上記の様な色々な 条件は気にする必要はありません。イベント会場の同じ場所(光環境が同じ)で沢山の写真を撮る のであれば、写真を撮り始める前に、一枚だけ撮っておきます。

DCPプロファイルを作る

 単にX-Rite ColorChecker Passportに付いてくるソフトウェアをPCにインストールします(wineを使えばLinuxでも大丈夫です。“Rawファイルの形式をDNGに変換する”説明部の中にある Adobe DNG Converterをインストールする方法と同じです)。撮影した画像をこのソフトを使って開きます。ソフトはDNG形式のファイルを前提にしているので、それ以外の形式の場合は、コンバーターで変換を先に行って下さい。後は、ソフトの指示に従うだけです。

カラーマトリクスも含めてRawTherapeeに送る

 DCPプロファイルに加え、カラーマトリクスもRawTherapeeのコードの埋め込むことが出来ます(camconst.json、私達、或いは公式のdcraw方式で)。リンクしたガイドをお読み下さい。特にステップ5~10まで(全てのステップが必要という訳ではありません、例えば、ICCプロファイルは必要ありません。DCPの方が優れているからです)。