Raw Black Points/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

Rawブラックポイント

 画像データの診断以外でRawブラックポイントの機能を使うことはあまりないでしょう。

 プログラムで使われているカラーチャンネルの値が正しくない場合に、rawチャンネルの値をこのスライダーを使って補正します。ブラックポイントが正しくない場合、画像の色が著しく違うため、直ぐに分ります。例えば、黒いはずの部分が暗いグリーンに見えたり、画像全体にマゼンタの色被りが見られたりする場合などです。ベイヤー配列を使ったカメラでは、グリーンチャンネルが2つあるので、スライダーも2つあり、デフォルトの設定では両チャンネルがリンクしていますが、カメラの中には感度の異なる2つのグリーンチャンネルを使っているものがありますので、リンクを無効にして各グリーンチャンネルで補正を行います。