Edit Current Image in External Editor/jp

From RawPedia
Jump to navigation Jump to search

 この機能は、RawTherapeeで編集した画像を直ぐに外部のアプリケーションで開くためのものです。更なる画像処理や閲覧のために、編集した画像をGIMPやPhotoshop©の様な外部エディター、或いは画像ビューワーに簡単に送ることが出来ます。

 画像を外部アプリケーションに送るための操作ボタンRt510 edit in external editor gimp.pngが、プレビューパネルの左下にあります。ボタンをクリックすると画像が処理され、現在選択されている外部アプリケーションに送られます。ボタンのアイコンと、その機能のヒントが外部アプリケーションを反映しています。異なるアプリケーションを使う場合は、操作ボタンのドロップダウン矢印をクリックして、そのリストから使いたいアプリケーションを選択します。リストは環境設定パネルの外部エディターで今の画像を編集で作成します。注意:リストの最後にある"その他"を選択すると、プログラムにインストールされているアプリケーションのリストが表示されます。

 この機能が使用されると、RawTherapeeは画像を一時的に16ビット整数でガンマ符号化したTIFFに変換して、環境設定で指定された出力ディレクトリに保存します。