Film Negative/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

ネガフィルム

イントロダクション

 ネガとは明度と色相が逆転した画像で、フィルムカメラで生成された画像のようなものです。RawTherapeeはバージョン5.7から簡単にネガのraw画像を作成できるようにネガフィルム機能を設けました。

 ネガティブ画像では、各色チャンネルの値が当初の露出における同じ色チャンネル値の逆数のべき乗に比例します(詳しくは、Photographic Film - Basicsを参照して下さい)。 フィルムの種類や新旧、撮影状況など他の要因に応じて、各色チャンネルの値は異なる指数に増やされます。これら指数は各フィルムの性質に対し補正プロセスをより良く適合するために特定されます。手動による調整を単純にするため、これら3つの色チャンネル、R、G、Bの指数を特定します。1つは“参考”指数で(グリーンチャンネルに適用します)、残りの2つ、レッドとブルーチャンネルはこの参考指数との比にします。ColorPlus 200やGold 200の様な、Kodakの一般的なネガフィルムの映りならデフォルト設定で適度な効果を得ることが出来るでしょう。

利用

  1. ネガにするraw画像を開きます(raw以外の画像はサポートされていません)。
  2. Rawタブのネガフィルム機能を有効にします。
  3. 画像のホワイトバランスを調整します。画像の中に色相がニュートラルな色が存在するなら、そこで調整を行うのが最も簡単です。
  4. 自動でレッドとブルーの比率をより正確に求めようとする選択もあります。そのためには、“ホワイトとブラックのスポットを選ぶ”というボタンをクリックし、実際の画像の中で最もホワイトなスポットとブラックなスポットをクリックします。それらがフィルムで捉えた実際の画像のスポットである、或いは、フィルム枠内の露光が十分な部分と少なかった部分である可能性があります。貴方にとって手動がいいのか、自動がいいのか試して下さい。フィルム一本につき一回だけ試せばいいでしょう。

 後は、通常の“ポジ”のraw画像と同じように編集を進めます。

インターフェイス

参考指数 (コントラスト)

 グリーンチャンネルに参考指数が適用され、レッドとブルーチャンネルに適用される指数は参考指数に対する比率です。この値を変えると画像の色を変えることなしに全般的に画像のコントラストが変わります。平均的なネガフィルム画像の再現であればデフォルトの値で十分です。画像がはっきりしない、或いは誤った露出で撮影されている場合は、この値を上げる必要があるでしょう。逆にコントラストの強いネガフィルム画像であれば、ポジに変換した際に色がクリッピングしてしまうので、値を下げる必要があるでしょう。

レッドの比率

 参考指数に対するレッドチャンネル指数の比率のことです。この係数はグリーンチャンネルのトランスファーカーブに対し、レッドチャンネルのトランスファーカーブをどの様に“曲げる”か、を意味します。この値を動かすと全般的な画像のコントラストはそのままに色合いが変わります。

ブルーの比率

 考指数に対するレッドチャンネル指数の比率のことです。この係数はグリーンチャンネルのトランスファーカーブに対し、レッドチャンネルのトランスファーカーブをどの様に“曲げる”か、を意味します。この値を動かすと全般的な画像のコントラストはそのままに色合いが変わります。