Negative/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

ネガ

 フィルムカメラで撮影された、明暗と色が反転しているような画像のことをネガと呼びますが、今のところRawTherapee(バージョン4.2まで)は、手間のかからないワンクリックで画像をネガへ変換することが出来ません。以下に、現在のバージョンでネガに変換する方法を紹介します:

  1.  露光補正セクションのトーンカーブを反転させる、或いはRGBカーブカーブ機能で、全てのカーブを反転させます。欠点:トーンが変化します。
  2.  フィルムシムレーションで、“RawTherapeeフィルムシミュレーション集”の中から“negative”のHaldCLUTを選んで適用します。欠点:幾つかの設定値、例えば露光量補正スライダーの値、が反対に動いてしまい、ハイライトやシャドウが飛んだり潰れたりするかもしれません(機能自体がネガを扱うように設計されていないため)。
  3.  現状、ベストと思われる方法は、貴方のカメラのDCP(DNG Camera Profile)を使う方法です。DNG Profile Editorでそのトーンカーブを反転させ、その編集したDCPを手動でネガに適用します。方法を以下に説明します。

ネガ用のDCPを作成する

DNG Profile Editorの トーンカーブタブのスクリーンショット ネガ用にトーンカーブを反転させた例
ネガのrawにL*カーブを使ってネガ用DCPに適用。左の突出部分はスキャンした写真の周りの部分を表しており、黒く潰れている。右側のそれは実際の写真を表した部分
  1. DNG Profile Editorを手に入れます。wine wine(英語)を使えばLinuxでも問題なく動作します。
  2. 貴方のカメラ或いはスキャナーのraw画像(ネガの写真でも可能です)の形式を、“ Rawファイルの形式をDNGに変換する”の説明を参考に、DNGに変換します。
  3. DNG Profile EditorでそのDNG形式の画像を開きます。
  4. カラーテーブルタブの中で、“Adobe Standard(<your camera model>)”と呼ぶベースプロファイルを探します。あればそれを使いますが、無ければ“Choose external profile”を選択し、“<your camera model>Adobe Standard dcp”と名付けられたファイルを探します。“LCPとDCPプロファイルを取得する方法”に、入手方法と探し方が説明されています。
  5. トーンカーブタブの中のトーンカーブを反転させます。つまり、最上点を左に移動し、最下点を右に移動します。
  6. 同じトーンカーブタブの中に、3種類の“Base Tone Curve”があります。うち“Base Profile”と“Camera Raw Default”は通常同一のカーブで、画像にコントラストを与えます。もう一つのカーブは“Linear”で、画像の印象をフラットにします。DCPは、“Base Profile”と“Linear”で2つ保存することを奨めます。RawTherapeeで編集を行う際に、どちらのプロファイルが適しているか選べるからです。どちらのDCPもRawTherapeeで更なる調整が必要ですが、“Linear”で保存したDCPの方が、“Base Profile”で保存したDCPより、多くの調整が必要です。しかし、後者のDCPは彩度が飽和してしまう場合があるのです。
  7. DCPを作成するには、“ファイルをクリックして、<your camera model>を書き出します。先ほど推奨したように、2つのDCPを作成します。

 ネガ用にこの新しいDCPを使うには、raw画像を開き、カラータブのカラーマネジメントに表示されている入力プロファイルで、カスタムを選択し、そのDCPを検索します。“DCPのトーンカーブを使う”は有効にします。

 これらDCPを使って、RawTherapeeで画像を編集しますが、RGBチャンネル(露光補正パネルの2つのカーブ)の調整は、明るさを変えるだけでなく、彩度に対しては貴方のカーブより強く影響することを覚えておいて下さい。場合によって、カーブのモードを“加重平均”や“彩度と明度のブレンド”にして調整します。或いは、L*a*b*色空間で調節し、彩度の問題を回避することも出来ます。明るさが色と切り離されているので、明度の調整が色に影響を与えません。ですから、L*カーブで明度を調整した後、CCカーブなどで彩度を調節出来ます。