Download/jp

ダウンロード

1 安定リリース

 RawTherapeeは当ウェブサイト、或いはパッケージマネジャーを通してダウンロード出来ます。直近でリースされている公式バージョンが、殆どのユーザーにとって安定したバージョンです。将来のバージョンに備わる新たな機能を試す、その他の改良、バグの修正、最適化の恩恵を享受したい場合は、開発用ビルドをダウンロードします。また、貴方自身でRawTherapeeをコンパイルすることも簡単です。OSのタイプに応じて、LinuxWindowsmacOSの項を参照して下さい。

2 開発用ビルド

 新しい機能や最新の変更を試してみたい場合は開発用ビルドを使います。但し、システムの安定性や処理プロファイルの後方互換性は安定リリースに比べて劣ります。

 開発用ビルドのダウンロードは幾つかの個所から行えます:

 開発用ビルドは安定リリースに比べてどう違うのか?私たちは新しい“開発用ビルド”をほぼ毎日のように作成しています、そして何ヶ月かに1回、効率よくパッケージされ且つ重大な既存のバグも修正された“安定”したバージョンをリリースしています。最新の安定リリースで新たなバグが見つかった場合は、その後の一連の開発用ビルドの中で修正されて行きます。積み重ねられたこれら改良点は次の安定リリースに反映されます。この様にしてビルドプロセスが繰り返されます。開発用ビルドでは既存機能の動作の改善や新しい機能の導入も行われますが、問題なく使えるようになるまでにはある程度時間がかかります。つまり、開発用ビルドはそれまでに既存のバグが最も修正されていますが、その一方で、新しい機能が追加されている場合、その完成度が十分ではないために新しいバグが発生していることがあります。新しい機能を試してみて、問題を発見したり、改善のアイデアを思いついたりした時に、私たちに報告いただければ貴重な情報になります。

 私たちは、最新の安定リリースとその前の安定リリースの間の処理プロファイルに対し、なるべくその後方互換性を維持するように努めていますが(例えば、バージョン5.7の処理プロファイルを使った画像の映りは、バージョン5.8の処理プロファイルを使った画像の映りと同じです)、開発用ビルド間では後方互換性の維持は図られていません。こうした制限があると開発ビルドの作成が進まないからです。以上の観点から、安定性が重要であるユーザーには、安定リリースをダウンロードして使うことを奨めます。

 開発用ビルドのファイルネームは概ね以下の様式になっています: RawTherapee_branch_tag_commit_date.extension

  •  コードの変更は毎日数回あり、各変更は独特の番号記号で表現されています-例えば、d9ad93c15。各ビルドの作成は“branch”で表示されます。
  •  メインブランチはdevと呼ばれています。新しい機能は独自のブランチで開発され、準備が整うとdevに併合されます。
  •  “タグ”は直近リリースされたバージョンを分かりやすく表現したものです-例えば、5.8