How to get LCP and DCP profiles/jp

LCPとDCPプロファイルを取得する方法

 Adobe DNG Converterには、LCP(Adobe Lens Correction Profiles-レンズの歪曲収差、周辺光量不足、色収差を補正するプロファイル)とDCP(DNG Color Profiles-カメラの入力カラープロファイル)の豊富なコレクションが含まれています。


 この項では、Adobe DNG Converterのインストール手順、DCPとLCPプロファイルを捜す手順を説明します。

1 Adobe DNG ConverterをLinuxにインストールする

 Wineを起動すると、デフォルトで基本的なWindowsシステムが$HOME/.wineの中に作られます。これは“Wine prefix”と呼ばれるものです。そのまま使用することに問題はありませんが、各Windowsプログラムを個別のWine prefixで実行することも出来るので、特定のプログラムを削除する場合、他のプログラムに影響を与えずに、全てのトレースを簡単且つきれいに取り除くことが出来ます。例えば、Adobe DNG Converterに個別の$HOME/wine-dngというwine prefixを付けたとしましょう。そして、幾つかWindows専用のHDR画像プログラムを試したとします。暫くして、そのプログラムが気に入らない、トライアル期間が終了した、或いは単に使えないという場合は、そのプログラムを削除したいと思うでしょう。アンインストールが使えれば、それに越したことはありませんが、他のプログラムに影響する可能性があります。一方、このプログラムに個別のwine prefix、例えば$HOME/wine-hdr、と付けておけば、このプログラムが必要なくなり、消去する場合、単にフォルダーとプログラムを消去しても、Adobe DNG Converterに影響を与えずに済みます。Wine prefixを付けるのは簡単です。WINEPREFIX=$HOME/ winewineの前に何らかのフォルダー名を入れるだけです。そのフォルダー名がシステム内になければ、自動的にwineがその名前でフォルダーを作ります。

 では、$HOME/wine-dngを Wine prefixとして使った手順を示します。

  1. Wineをインストールします。出来れば自分のパッケージマネジャーを使って行います。
  2. Adobe DNG ConverterのWindows版をダウンロードします。
  3. Adobe DNG Converterをインストールします:
    WINEPREFIX="$HOME/wine-dng" wine ~/Downloads/DNGConverter_version.exe
    DNG Converterが次の場所にインストールされます。 $HOME/wine-dng/drive_c/Program Files (x86)/Adobe/Adobe DNG Converter.exe
  4. Adobe DNG Converter versionsのバージョンが11.2以上の場合は起動時にクラッシュします(Wineの全てのバージョンに影響するもので、Wineのバグレポートを参照して下さい#46972)、しかしこのクラッシュの原因は簡単に回避することが出来ます。
    Wineのコンフィギュレーションを起動します:
    WINEPREFIX="$HOME/wine-dng" winecfg
    "Libraries"タブに行き, api-ms-win-core-winrt-error-l1-1-0に関する新しいオーバーライドを追加します、それを編集し"Disable"を選択します。以上です。
  5. Adobe DNG Converterを起動します:
    WINEPREFIX="$HOME/wine-dng" wine "$HOME/wine-dng/drive_c/Program Files (x86)/Adobe/Adobe DNG Converter.exe"
  6. コンソールから簡単にAdobe DNG Converter を起動するために別名を付けます:
     echo "alias dng='WINEPREFIX=\"\$HOME/wine-dng\" wine \"\$HOME/wine-dng/drive_c/Program Files (x86)/Adobe/Adobe DNG Converter.exe\"'" >> ~/.bashrc && exec bash
  7. Adobe DNG Converterを起動するにはコンソールでdngと打ち込むだけです。
  • 貴方のカメラのLCPプロファイルを以下で探します:
"$HOME/wine-dng/drive_c/ProgramData/Adobe/CameraRaw/LensProfiles/1.0/"
  • 標準的なDCPプロファイルを以下で探します:
"$HOME/wine-dng/drive_c/ProgramData/Adobe/CameraRaw/CameraProfiles/Adobe Standard"
  • カメラ‘スタイル’のDCPプロファイル (人物、風景、鮮やか、など) は以下で探します:
"$HOME/wine-dng/drive_c/ProgramData/Adobe/CameraRaw/CameraProfiles/Camera/"

簡単にアクセスが出来るよう、必要なプロファイルを別なフォルダー、例えば~/profiles/にコピーします。

2 Windowsの場合

  1. Adobe DNG ConverterのWindows版をダウンロードします。
  2. Adobe DNG Converterをインストールします:
  • 貴方のカメラのLCPプロファイルを以下で探します:
%ALLUSERSPROFILE%\Adobe\CameraRaw\LensProfiles\1.0"
  • 標準的なDCPプロファイルを以下で探します:
%ALLUSERSPROFILE%\Adobe\CameraRaw\CameraProfiles\Adobe Standard
  • カメラ‘スタイル’のDCPプロファイル (人物、風景、鮮やか、など) は以下で探します:
%ALLUSERSPROFILE%\Adobe\CameraRaw\CameraProfiles\Camera

 簡単にアクセスが出来るよう、必要なプロファイルを別なフォルダーにコピーします。

3 コミュニティメイド

 ミュニティの一人、TooWaBooがSamyang 8mmレンズの歪みを補正するLCPを2つ手作りしました。ニコン、ペンタックス、ソニーのセンサーサイズがAPS-Cのカメラに利用出来ます。キャノン製のカメラでは調整がかもしれません。

このLCPの場合は、歪曲収差を0に、オートフィルは無効にします。
このLCPの場合は、歪曲収差を0.5に、オートフィルは無効にします。