Lens/Geometry/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

レンズ/ジオメトリ

 変形調整が行われる際、プレビュー画像への反映を速くするために、このセクションの機能が使われると、RawTherapeeは元画像ではなくプレビューの画像を使ってその調整を行います。そのため、プレュー画像の映りが甘くなることがあります。例えば、ニコンD7000で撮った4256x2832pxサイズの画像(つまり、12.1メガピクセル)の編集で、そのプレビュー画像のサイズが600x400pxだとしましょう。回転ツールを使って角度を5°変えることは、フルサイズの画像を5°動かしていることと同じではありません。600x400pxにスケールダウンした画像に対して行っているのです。そのため映りが多少甘くなることがありますが、その分処理時間が短くて済みます。RawTherapeeは操作効率も重視しているので、この様な方法を取ります。しかし、ご心配なく。調整された画像を保存する際は、元のフルサイズ画像で調整を行うので、シャープ感は全く損なわれません。ですから、画像を100%Gtk-zoom-100.pngに拡大すれば、保存される画像の状態を確認出来ます。

オートフィル

樽型歪で、画像の周りに黒い空間が現れた例
オートフィル機能により、その空間が埋められた画像

 このオプションは、補正画像と画像枠の隙間が黒い空間に見えないよう、補正画像を拡大、或いは縮小する機能です。

 樽型歪のある画像を歪曲収差の調整機能で修正すると、このオートフィルは補正画像を枠いっぱいに収まるよう縮小するので、不必要に画像の一部を失うことはありません。また反対に、糸巻型歪の補正時には、補正画像を拡大して枠内に収めますので、補正画像の周りが黒く見えることはありません。


自動切抜き

歪曲収差補正後に自動切り抜きを使った例
回転させた画像に自動切り抜きを使った例

オートフィルを無効にすると、Crop-auto.png自動切抜きが使えます。この機能は画像を改ざんするのではありません、歪みの補正や、回転によって発生した余分な空間を切り取るだけです。


回転

画像を回転させた例

 画像の角度を‐45度から+45度の間で変える機能です。“直線選択ボタンStraighten.png”を使って、画像の垂直度、或いは水平度を補正します。マウスを使ってそのガイドラインを引きます‐マウスをクリックし、ホールドした状態で、新しい垂直、或いは水平の線を引き、放すと、その線に沿った補正が実行されます。


パースペクティブ補正

水平方向
撮影したい対象が画像の中心から多少ずれていた場合、この水平スライダーで(ある程度)調整が可能です。
水平方向のパースペクティブ補正例
垂直方向
建築物の撮影で、垂直線のズレを矯正するのに非常に便利です。どちらのスライダーも値を高くし過ぎると、画像がかなり歪むので注意が必要ですが、気にしなければ、それなりに面白い画像作りが出来るでしょう。
垂直方向のパースペクティブ補正例


レンズ補正プロファイル(LCP)

 Adobeはレンズ補正プロファイル(LCP)と呼ばれるプロファイルを提供してくれています。これらプロファイルにはレンズの歪曲収差や周辺光量不足、色収差がテキストで記述されており、RawTherapeeのようなLCP補正をサポートしているソフトウェアに取り込めば、それを使ってこれら問題を矯正することが出来ます。ドロップボックスの中からAdobeLCPファイルを選択すれば(LCPとDCPプロファイルを取得する方法を参照して下さい)、歪曲収差、周辺光量不足、色収差がプロファイルに従って、自動的に補正されます。

 レンズ補正プロファイルによる歪曲収差の補正機能は、その下にある手動による歪曲収差補正機能とはリンクしていませんので、両方を有効にすると過剰に補正が行われてしまうので注意が必要です。一方、周辺光量不足の補正機能は、Rawタブのフラットフィールド補正機能とリンクしており、そこで、フラットフィールド画像が選択されていると、LCPの周辺光量不足の補正機能は働きません。しかし、歪曲収差と同様、手動による周辺光量不足補正機能とはリンクしていません。これは、美的観点から、或いはLCP補正の効果が不十分な(一部のコンパクトカメラでは周辺光量不足が著しいので)場合に、手動で追加補正を出来るようにするためです。

 但し、この機能には幾つか制限があります:

  • 画像ファイルがrawであれば、歪曲収差、色収差、周辺光量不足の全てを補正出来ますが、ファイルがraw以外の場合は、歪曲収差だけしか補正出来ません。
  • LCPの歪曲収差補正は画像全体のプレビューで確認できますが、色収差補正も歪曲収差補正も詳細ウィンドウには反映されません、補正が行われた後の画像だけです。オートフィルも同様です。
  • 色収差の補正は、Exif情報が焦点距離の情報を含んでいる場合だけ(例 ニコンのファイルをDNG形式に変換したもの)使えます。
  • 縮小率によっては、プレビュー画像の歪みが大きくなります。バグ報告1807(英語)を参照して下さい。
  • 補正の迅速な実行と効果の反映を優先させているため、実際の画像サイズではなく、画面に表示されているサイズの画像を使って補正しています。そのため、補正を施すと、少しぼやけた感じに見えることがあります。もちろん、保存する際は元画像に対して補正を行いますのでシャープ感は失われません。正しく補正されていることを確認する場合はプレビュー画像を100%表示にして見て下さい。参考:リクエスト番号2186(英語)

 他のツール同様、一つのLCPを他複数の画像に適用することが出来ます。処理プロファイルの中にその指示を記憶させる(“共通で利用する処理プロファイルを作る”を参照して下さい)、或いは撮影に同じレンズが使用されている複数の画像を(ファイルブラウザタブにあるメタデータフィルターを使うと簡単です)選択し、ファイルブラウザタブからLCPを適用して下さい。異なるレンズで撮影された複数の画像に、それぞれ適切なLCPを適用するには、RT Profile Chooserのような高度な機能を使う必要があります。

 ブリッジタイプのカメラのraw画像では、四隅にJPEG画像では見られない、非常に強い周辺光量不足や歪曲収差が現れることがよくあります。このタイプのカメラは、これらの問題を、四隅が映らないよう、画像の枠外に押し出してしまう方法で対処しています。枠外部分の画像は単に切り捨てられているだけです。LCPプロファイルを使っても、ブリッジタイプのカメラに起こるこの問題は解決しません。多くの場合、四隅に実際の画像データは無く、単なるぼやけた暗いレンズフードの枠があるだけです。ですから、カメラが対処するように、歪曲収差を補正することで、光量不足の部分を枠外に出してしまうことです。その際、枠外部分の画像が切り捨てられるように、オートフィルが有効になっていることを確認して下さい。


歪曲収差補正

Rt distortion correction.png

 カメラレンズの歪曲収差を補正します。マイナス値で樽型歪を補正し、プラス値で糸巻型歪を補正します。変形タブの切り抜きを有効にして(実行はしない)、“ガイドタイプ→グリッド”でグリッド線を表示し、補正の目安として使うことが出来ます。

 “自動歪曲収差補正”(Auto Distortion Correction)ボタンは、貴方のカメラがrawファイルに埋め込んであるJPEG画像に歪曲収差補正を行っている場合だけ使えます(多くのカメラは各rawファイルにJPEG画像を埋め込んでいますが、一部のカメラにはこのJPEG画像に歪曲収差補正を行うものがあります)。この機能は、カメラのJPEG画像を見て、歪曲収差が補正されていれば、raw画像の方もそのJPEG画像を真似て歪曲収差を補正するものですが、2点ほど制限があります:

  • 貴方のカメラがJPEG画像に歪曲収差補正していなければ、この自動機能は効果がありません。
  • カメラによるJPEG画像の歪曲収差補正が十分でない、或いは過分な場合は、raw画像に対する補正もそれと同じになります。但し、その補正値はAmountのところに表示されますので、手動による追加調整が出来ます。


色収差補正

色収差補正を施した画像(右)を400%に拡大
色収差(左)は100%の拡大率でも確認できる

 変形タブの中にあるこの色収差補正は、デモザイク後に適用されます。一方、Rawタブの中にある色収差補正はデモザイク前に適用されます 。

 “レッド”と“ブルー”のスライダーを使って色収差を補正します。通常、色収差はプレビュー画面の大きさの画像では確認できないので、この機能を使う際は、New-detail-window.pngを使って詳細ウィンドウを開くか、プレビュー画像を100%Gtk-zoom-100.png以上に拡大して確認が必要です。他のソフトでも同じですが、このアルゴリズムはある程度の色収差であれば、かなり補正することが出来ます。しかし、やはり万能ではないので、極度な色収差は補正出来ません。


周辺光量不足補正

 周辺光量不足とは、画像の四隅で光量が減り、画像中央部分に比べ暗くなる歪みです。安い望遠レンズと、高級レンズの大きな違いの一つが、この周辺光量でしょう。前者は周辺光量不足が生じやすく、後者はそうでもないということです。周辺光量不足補正はそれを切り抜きに関わらず補正します。但し、この機能は芸術的な意図で使う機能ではありません。意図的に周辺の光量を変える時は、露光タブにあるビネットフィルターを使います。

適用量
適用量でプラス値を設定すれば、画像の四隅が明るくなり、典型的な周辺光量不足を補正出来ます。マイナス値は逆に四隅が暗くなります。
半径
四隅のどの辺りから、明るくしたり、暗くしたりするかを決めます。低い値にすると暗くなる部分が大きくなり、高い値にすると、暗くなる部分は小さくなります。
強さ
適用量半径の設定を増幅させる機能です。適用量を‐100、半径を50にして、強さを1~100まで動かして、違いを確認してみて下さい。