Saving/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

保存

 オリジナルのrawファイルがRawTherapeeによって書き換えられることはありません。

 画像編集タブで編集された画像の保存方法は幾つかあります:

直ぐに保存

 編集画面の左下にあるハードディスクのアイコンGtk-save-large.png“現在の画像を保存”をクリックするか、Ctrl+Sというョートカットを入力すると保存画面が現れますので、ここで“直ぐに保存”を選びます。これはダイアログ形式で保存する方法で、ファイル名や保存場所の選択、出力ファイルのフォーマット指定(拡張子はRawTherapeeがフォーマットの種類に応じて自動的に付けます)、ビット深度の選択、圧縮レベルの設定、出力画像にその処理プロファイルを付随させるかどうかなどの選択が行えます。最後に、“直ぐに保存する”か、“処理プロセスの順番待ち-先頭或いは最後”(次の方法)を選びます。“直ぐに保存”を選択した場合、OKのクリックと同時に、RawTherapeeは保存処理に入りますので、何か他の操作をしてもプログラムの反応は鈍くなり、他の画像を開くのにも通常より時間がかかるでしょう。このことから、直ぐに他の編集を始めるのであればキューに送る方がいいでしょう。

 デフォルトでは、保存画面は貴方が最後に行った保存操作の画面が開くように設定されています。利便性を高めるため、元画像が含まれているフォルダーへのショートカットが自動的に保存画面左側のブックマークパネルに追加されます。 編集画像を元画像と同じフォルダーに保存したい場合、そのブックマークをクリックすれば、手動で保存場所を指定する手間が省けます。

 保存を実行するためのOKボタンのショートカットは、Crtl+Enterです。

処理プロセスの順番待ち‐先頭或いは最後

 ギヤのアイコンProcessing.png現在の画像をキュー処理に追加”をクリックするか、“現在の画像を保存”の保存画面で、“キュー処理の最初/最後に追加”を選択すると、編集画像は現像処理を待つ列に保持されます。従って、引き続きCPUの能力の大半は、更なる編集や別な画像の編集に使われるので、プログラムの反応も変わりません。そして、全ての画像編集が終了してから、全ての現像をRawTherapeeにまかせて、席を離れていてもいいのです。保存画面でキュー処理に追加を行うメリットは、追加する画像一枚ごとに、フォーマット、名前、保存場所などを指定することが出来ることです。アイコンのクリックで追加する場合には、全て“バッチ処理”タブで設定されたものが使われます。

ファイル名

 元画像の名前が例えば“photo_1000.raw”であれば、処理後のファイル名は“photo_1000.jpg”となりますが(或いは.tif、.png)、既にそのファイルがある場合、“現在の画像を保存”の中に“自動的に接尾辞を付ける”オプションがあります。チェックを入れておけば、1つのrawファイル、“photo_1000.jpg”に対して、“photo_1000-1.jpg”、“photo_1000-2.jpg”という異なる名前で編集画像が保存されます。バッチ処理に追加する場合も、同じオプションが使えます。