Batch Adjustments - Sync/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

バッチ処理‐シンクロ

 RawTherapeeは通常2通りの方法で、多くの写真の処理設定を同時に一括調整或いは同期させることが出来ます。機能調節の記録である処理プロファイル 処理プロファイルの一部、または全てを幾つもの画像に関してコピーして貼り付けることが出来ます。また、貴方が選択した何枚もの画像全てに対し、機能調整を同時(同期)に行うことが出来ます。2つの方法があり、詳しく説明します。

 どちらの方法も、処理プロファイルを適用したい、或いは機能の調節を行いたい画像を選ぶところから始めます。画像の選択は標準的なキーの組み合わせで行います:Shift+clickで選択範囲を決めます。Ctrl+clickであれば特定の画像の選択、Ctrl+Aならば全ての画像、という選択になります。どちらの方法もファイルブラウザタブ の中でその操作を行います。“コピーと貼り付け”は画像スライドでも行えます。

コピーして貼り付け

 処理プロファイルをコピーし、特定の画像に貼り付ける動作は、非常に一般的なものです。例えば、貴方がスタジオ撮影、結婚式のポートレートの撮影、或いはピント位置を少しずつ変えたマクロのブラケット撮影で何枚もの写真を撮ったとしましょう。どのケースにおいても、それら写真の撮影環境は非常に似ていると思います。恐らく同じカメラレンズ、ISO値、ホワイトバランスが使われるかもしれません。と言うことは、撮られた写真の処理も同じものになるでしょう‐同じノイズ低減、シャープ化、レンズ補正など。

 これら一連の画像を処理する場合、通常、その内の1枚を画像編集 タブで開き、好みに合わせた調整を行います。編集が終わったら、その画像の処理プロファイルを同じ環境で撮影した他の画像全てに適用します。そうするためには、ファイルブラウザに行き、調整を行った画像のサムネイルを右クリックします。そこで、”プロファイルの操作→コピー”とし、次にこのプロファイルを適用したい画像の範囲を決めてから、それら画像のサムネイルの内のどれか(どれでも構いません)を右クリックし、”プロファイルの操作→貼り付け”とします。こうすることで、撮影環境が同じ画像に対して、同じ機能調整の適用を行えます。

 更に、RawTherapeeでは、処理プロファイルの一部だけを貼り付けることも出来ます。例えば、”リサイズ“調整だけを貼り付けて他の画像に適用したい場合、”貼り付け”とする代わりに、”プロファイルの操作→一部だけ貼り付け”とします。

シンクロ

 RawTherapeeは選択した一連の画像に対し、機能調整を簡単に施すことが出来ます。他のソフトで”シンクロ”と呼ばれる機能と似ています。この方法は、編集による画像の変化を細部にわたって見極める必要のない時に便利です。例えば、一連の画像に”リサイズ”だけ適用するような場合、ファイルブラウザでの作業では、表示される画像が小さく、精度に欠けるサムネイルだからです。この方法は、バッチタブの編集機能(右のパネル)を使わなければならないので、バッチタブでしか利用できません。

 ファイルブラウザタブで、バッチ調整(シンクロ)を行いたい画像の範囲を選択し、右側のパネルに表示されている機能を使います。調整方法には、既存の設定値を新しい数値に置き換える”設定”モードと、既存値に新たな調整値を加算する”追加”モードがあります。例えば、2枚の画像を選択し、一方の画像には前回+1EVの露光量補正が施され、もう一方の画像は何もされていなかったとしましょう。ここで、+0.6EVの一括調整を行なうと、“追加”モードであれば、初めの画像の露光量補正は+1.6EVに変わります。“設定”モードの場合は+0.6EVで置き換えられます。露光量補正をしなかった後の方の画像は、どちらの場合でも+0.6EVになります。どちらのモードを使うかは、環境設定の中のバッチ処理タブで決定します。