Creating processing profiles for general use/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

共通に使う処理プロファイルを作る

 RawTherapeeは先に説明したこのサイドカーファイルを“処理プロファイル”と呼んでいます。RawTherapeeは予め沢山の処理プロファイルを用意していますので、それらを画像編集の起点として使えば、後は好みに合わせて調整を追加するだけなので、編集の効率化を図れます。1つの例として、“Pop1”を適用してみましょう。この処理プロファイルには画像のシャドウ部分を明るくし、ディテールを引き出すような設定が書き込まれていますので、画像に派手さが加わり、活き活きした感じになります。

 画像編集タブで、処理プロファイルのリストを展開すれば、予め用意されている全てのプロファイルを見ることが出来ます。また、ファイルブラウザのサムネイル画像を右クリックし、“処理プロファイルの操作→プロファイルを適用”としても、その処理プロファイルを使った画像を見ることが出来ます。

 “処理プロファイルセレクター”の短い項目も参考にして下さい。セレクターの使い方、プロファイルの部分的な適用、フィルモードのトグルボタンのことが分ります。

処理プロファイルの作成

ファイルブラウザ(或いは、画像スライド)のコンテキストメニューから、自分のカスタム処理プロファイル(この例では“Dreamy Forest”)を適用した例
画像編集画面の処理プロファイルセレクターのドロップボックスからカスタム処理プロファイルを選んで適用した例

 貴方独自の処理プロファイルを作り、処理プロファイルセレクターのドロップダウンリストに表示させるように設定することが可能です:

  • 編集の起点にするプロファイル作りに適当と思われるraw画像を選んで開きます。
  • それに“ニュートラル”プロファイル、或いはRawTherapeeの付属プロファイルを適用し、更にそこから調整して、貴方が望む編集の起点となるプロファイルに仕上げます。
  • 好みに合わせた調整は幾らでも可能ですが、あまり数多くの調整を行うと、そのカスタム処理プロファイルを上手く使える画像の数が少なくなるので注意して下さい。何故なら画像というのは本来それぞれ異なるものなので、ある画像に適しているプロファイルが、他の画像にも適するとは限りません。独自のプロファイルを作るというのは、例えば、貴方のカメラは高度な低ノイズセンサーを備えているが、レンズはあまりキレが良くないと言った場合、そのプロファイルの適用時に施されるシャープ化の適用量を、RawTherapeeのデフォルトプロファイルの設定値よりも大きくするというような設定のことです。反対に、ノイズセンサーの精度が低ければ、プロファイル適用時にある程度ノイズ低減が施されるように設定するのもいいでしょう。また、デフォルトプロファイルで採用されている“自動露光補正”が好きではないとか、貴方のカメラで撮るraw画像は常に0.6EV程度アンダーになる傾向があるならば、プロファイル適用時に+0.6EVの露光量補正を行なうように設定できます。入力プロファイルの種類を“カスタム”に変えるとか、IPTCタブの“作者”の欄に貴方の名前を入れる、或いは貴方のウェブページのURLをソースフィールドに入れる(懸案2420)ような設定も出来ます。一般的に、ホワイトバランスは“カメラ”のままにしておく方がいいと思います。これを独自の設定値に変更してしまうと、設定と同じ光環境で撮った画像以外は、色の再現が不自然になるからです。例えば色温度を曇天に適した6500度に設定してしまうと、太陽光の下で撮った全ての画像の色が正しくなくなるからです。
  • 独自プロファイルを作成するための調整が済んだら、“処理プロファイル”パネルの“現在のプロファイルを保存”アイコンGtk-save-large.pngをクリックし、名前を付けて保存します。拡張子はRawTherapeeが自動的に付加します。そのカスタム処理プロファイルをドロップダウンリストの中に表示させるためには、“config”フォルダーの中の“profiles”というサブフォルダーに保存する必要がありますで、ファイルパスの説明を参考にこのサブフォルダーを探して下さい。
  • RawTherapeeを再起動すれば、貴方の新しい処理プロファイルの名前がドロップダウンリストの“My profile”の中に表示されているはずです。


処理プロファイルを部分的に保存

部分的な保存を選択するウィンドウ

 時として、調整パラメータの一部だけを処理プロファイルとして“保存”したい場合があるでしょう。例えば、回転や、切り抜き、リサイズといった変形調整のパラメータは除きたい、という場合です。その時は、Ctrlキーを押しながら“保存”ボタンを押して下さい。別なウィンドウが開き、記録させたい調整パラメータを選べます。個人的に作成されたプロファイルは友人、或いは私達のフォーラムでも共有することが出来るでしょう。

 ここで覚えておきたいのは、似たような光景や状況の画像全てに(仮にそれを赤ちゃんのポートレートとしましょう)使えるようなプロファイルを作成する場合、どの赤ちゃんのポートレートにも使えそうな調整パラメータはどれなのか考慮することです。同じ赤ちゃんの撮影でも、露出は撮影毎に異なるでしょうし、光源の安定しているスタジオ内撮影でも、赤ちゃんは色々な方向に動くので光の当たり具合は変わってきます。インターネットで理想的な赤ちゃんの画像を見つけてきても、投稿者のカメラや露出が貴方の意図するものと同じである確率は極めて低いはずです。従って、プロファイルとして露光補正+0.6というような特定数値は記録せず、“自動露光補正”を有効にする、だけに留めるべきでしょう。他のパラメータに関しても考え方は同じです。望む効果を得るための設定は、少ない方が良いと覚えておいて下さい。特定の設定を増やして、他の画像に対して使っても、期待通りの効果は得られないことの方が多いはずです。赤ちゃんのポートレートをソフトなタッチで表現したいなら、ハイライト復元、自動露光補正、Lab及びRGBトーンカーブの適度な組み合わせだけを記録し、ノイズ低減(写真が異なるISO値で撮影される可能性を考慮して)や独自のホワイトバランス(これも撮影毎に変わるでしょう)、画像の回転なども設定しないことです。これらは画像毎に使用度合いが異なるし、大体ソフトなタッチには影響しないものです。プロファイルを他人と共有するつもりならば、この点の再確認が必要でしょう。

Raw/非rawのデフォルト処理プロファイル

 RawTherapeeは、画像を開く度に処理プロファイルを使います。デフォルトでは、raw以外の画像に対して、“ニュートラル”プロファイルを、raw画像に対して“デフォルト”プロファイルを使うよう設定されています。貴方ご自身のプロファイルをrawや非raw画像に使いたい場合は、“環境設定→画像処理→画像処理のデフォルト値→raw画像”で変更します。