Getting Started/jp

From RawPedia
Jump to: navigation, search

初めに

ようこそ

 RawTherapeeはGNU一般公衆ライセンスVer3の下に公開されている、クロスプラットフォームの画像処理プログラムです。最初の開発はハンガリー、ブタペストのGabor Horvath氏により行われましたが、PhotoshopやGIMPの様なラスターグラフィックエディターというより、raw画像の処理に特化したプログラムを作ることが狙いでした。その狙いは少なからず成功し、今日、RawTherapeeは最も強力なraw現像プログラムの一つになったと私達は確信します。

RawTherapeeをインストールする

 殆どの方は、http://rawtherapee.com/downloads からRawTherapeeをダウンロードし、インストール出来ます。しかし、望むなら、或いは必要とあらば、貴方ご自身でプログラムをコンパイルすることも可能です。RawPediaのメインページに、その方法が解説されているページ(コンパイリング)へのリンクがあります。

 新旧様々なバージョンのダウンロードが可能ですが、動作が安定した4.1以降のバージョンが賢明な選択でしょう。尤も、新しい機能が追加されたりするので、殆どのユーザーが常に最新バージョンを選んでいます。

RawTherapeeを起動する

ファイルブラウザタブ

 初めてRawTherapeeを起動させた時、ファイルブラウザタブというタブが表示されますが、恐らく中央は空っぽのはずです。従って、画像が収められている場所をRawTherapee に指示する必要があります。ファイルブラウザタブの左にあるディレクトリーのツリーの中から、raw画像が収められているフォルダーを探し、ダブルクリックします。するとフォルダー内のサムネイル画像が全て中央に表示されますので、その中から編集・現像を行う画像を選び、ダブルクリックします。

最初の画像編集

 編集する画像が開かれると、画面左端のタブが、“編集”のタブ表示に変わり、貴方が画像編集タブに移ったことを示します。ここで貴方がRawTherapeeを使って画像編集を行い、一級の芸術写真を作成したり、或いは、スナップショットにちょっと味付けをしたりします。

画像編集タブ

 また、画面右側の上部を見ると、タブや調整機能が表示されていることに気付くでしょう。ここがツールボックスと呼ばれるところです。画像を初めて開いた時には、一番上に露光補正という名前の調整機能、その下がシャドウ/ハイライト、そしてトーンマッピングと続いていると思います。そして各機能名をクリックすると、その中身が表示され、再びクリックすると元に戻ります。各タブや機能パネルをブラウズして、様々な調整が行えることを実感して下さい。

 画像編集を始める前に、大切なアドバイスをしておきます-何か起こっても慌てない!ことです。編集に失敗したらといって、貴方の大切な画像が完全に破壊されてしまうような危険はありません。RawTherapeeは貴方の画像を守るために幾つかの機能を有しています:

  • RawTherapeeが貴方のraw画像に行うのは非破壊編集です。これはRawTherapeeが貴方のraw画像の属性まで変えることはしない、という意味です。更に詳しい説明がRawPediaの中のサイドカーファイル-処理プロファイルにあります。
  • 画像編集モードの時、画面の左側に履歴のパネルが見えると思います。これは貴方が 画像に対して行った調整の記録です。最初に画像を開いた際の状態も含め、どの調整時点にも戻ることが可能です。単に履歴パネルの該当する調整ポイントをクリックするだけです。
  • 履歴パネルの下に、スナップショットというパネルがあります。ここでの説明は省きますが、RawTherapeeに慣れてきたら便利に感じるはずです。
  • Ctrl+Zで一つ前の編集に戻れます。(特筆に値する機能ではないかもしれませんが、あると便利な機能です)。

 貴方が他のraw現像プログラムを既に使っていれば、作業手順に好みというものがあるでしょう。もちろん、RawTherapeeでも同じ手順を踏めますが、初心者のためにここでは基本的な手順を説明します:

  • 露光補正パネルを開き、露光量補正のスライダーで、画像をある程度適度な明るさに調整します。正確である必要はありません、後でまた微調整を加えるからです。
  • カラータブを開き、ホワイトバランスパネルで調整を行います。デフォルト時には、その方式がカメラになっています。この機能はごく標準的なものですが、詳細に関しては、RawPediaのホワイトバランスの説明を参照して下さい。
  • 再び露光タブに戻り、今度はコントラスト彩度の調整を行います。それから露光量補正で微調整を加えます。
  • 最後に、変形タブ‐鋏と定規が描かれた4番目のアイコン‐を開きます。画像の水平、或いは垂直ラインが狂っていれば、レンズ/ジオメトリパネルの回転というサブパネルの機能で補正します。画像を切抜くのであれば、同じタブ内の切り抜き機能を使います。

 後は、画面下にあるハードディスクの形をしたアイコンをクリックして、画像をJPEGで保存し(もちろん、他の形式による保存も可能です)、出来上がりです。

次のステップ

 上記で説明した以外にもRawTherapeeは豊富な機能を持っています。プログラムに慣れてきたら、試してみて下さい。幾つか紹介します:

  • raw画像を開き、カラータブにあるカラーマネジメントパネルを見て下さい。入力プロファイルと書かれた所が、“カメラ固有のプロファイル”になっていますか?貴方のカメラのDCPカメラプロファイルが手に入れば、より正確な色や明るさの再現が可能です。その方法の一つがAdobeより提供されています。RawPediaのLCPとDCPプロファイルを取得する方法を参考にして下さい。また、DCPカラープロファイルの作り方を参考に、ご自身でDCPプロファイルを作ることも、或いは、Googleから他の情報を得ることも出来るでしょう。
  • 高ISOによる撮影をした時は、ディテールタブのノイズ低減が役に立ちます。
  • 露出オーバーや露出不足の画像を調整する時は、露光補正タブのハイライト圧縮シャドウ圧縮の説明を参考にして下さい。また、ダイナミックレンジが広い画像の場合は、トーンマッピングの説明が参考になるでしょう。
  • 露光パネルの黒レベル明度のスライダーで、画像の印象を著しく改善出来るでしょう。
  • 先ほどの作業手順では、露光補正パネルのコントラストと彩度を使いましたが、これら機能は他のプログラムや、TVにさえも標準的に備わっているものです。しかし、ここでもRawTherapeeには他の選択肢があります。同じタブの下にあるLab調整パネルのコントラスト色度です。調整のやり方は同じようにシンプルですが、より良い仕上がりが期待出来ます。詳しい説明はRawPediaのRGB対Labにあります。
  • 彩度と色度に関しては、他にも自然な彩度という機能もあります。
  • シャープ化についてはまだ説明していませんが、他のシャープ化機能を使う前に、まずアンシャープマスクを試して下さい。
  • RawTherapeeには豊富なカーブ調整が備わっています。それぞれ使い方のヒントは、一部の機能に関する全般的説明の“カーブエディター”の中に書かれています。例えば、L カーブでコントロールケージタイプを使って、明度やコントラストを調整するとか、LH カーブを使った空の色を暗くする調整(グラデーションフィルターでも同じような効果を期待できます)、CH カーブで空の彩度だけ増やす、HH カーブで肌の色合いや木々の葉の色合いを変えるなど、様々な調整が可能です。

 まだまだ、他にもありますが、後は貴方自身で発掘し楽しんで下さい。